1. まとめトップ

顎に出来てしまうニキビの原因と早く治すおすすめの方法は?

大人になると出来てしまう顎ニキビは化粧で隠すこともできますが、化粧をしている途中で割れてしまったり、洗顔している時に擦って割れてしまったりと、お肌にニキビ跡が残ってしまうことがあります。そんな大人の顎ニキビ跡を残さずできるだけ早く治すための治療法など、皆さんが実践している治し方をご紹介します。

更新日: 2019年01月08日

3 お気に入り 5410 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

umakabukoさん

そもそも思春期にできるニキビと大人になってからできるニキビの原因は全く違うのです。特に女性は生理周期によって、分泌されるホルモンの量がかわるため、月経前にはとくに顎ニキビだけではなく、お肌の乾燥などのトラブルも多くなってしまいます。

顎やフェイスラインは、男性であれば思春期ニキビ、女性は大人ニキビができやすいパーツです。
顎には男性ホルモンの受容体が多く存在するため、顎やフェイスラインのニキビには、男性ホルモンが大きく影響していると言われています。
顎はターンオーバーが遅く、ニキビ跡が残りやすいのが特徴。

プロゲステロンは、皮脂の分泌を促進させ、子宮の収縮を抑えたり、体内に水分を溜め込む働きがあります。
低温期が終わって高温期に入ると、美肌ホルモンであるエストロゲンは急激に減少し、代わってプロゲステロンが多く分泌されるようになります。
すると肌は乾燥しがちなうえ、皮脂が過剰に分泌されるという困った状況に。

さらに子宮の収縮を抑える働きや、体内に水分を貯めこむ働きから、どうしても便秘がちになります。
便秘による腸内環境の悪化や過剰な皮脂、肌の乾燥などが複合して、繰り返す大人ニキビの原因になっているのです。

女性ホルモンとは、「エストロゲン」と「プロゲステロン」という2つのホルモンのこと。
エストロゲンは、肌や髪の新陳代謝を促してハリやツヤを保ったり、豊かなバストやウエストのくびれをつくったりと美容に嬉しい効果をもたらしてくれる、「美のホルモン」ともいわれています。

一方、プロゲステロンは、妊娠に備えて体温を上げたり、赤ちゃんのベッドとなる子宮内膜をふかふかにしたりする作用があり、「母のホルモン」ともいわれています。
ただし、作用が強くなると便秘やニキビの原因になるなど、美容には嬉しくない働きも。

生理前&生理後1週間以内に不健康生活開始するとニキビが悪化して肌が乾燥してしまうことがわかった。

テスト終わったら1時までには寝よう←遅っ

毎月のホルモンバランスの変化、とくに男性ホルモンが増加することにより皮脂分泌が多くなることが原因で顎にニキビができてしまうことは多くの女性が経験していることだと思います。しかし、ホルモンバランスだけが原因とはいえません。もしかしたら知らず知らずのうちに、顎ニキビができやすいお肌作りをしているかもしれません。

にきびの元となる汚れや古い角質はある程度洗顔で落とす事が出来ます。
その為、正しい洗顔をすればにきびは徐々に改善されていきますが、逆を言うと間違った洗顔をしてしまうと汚れが更に重なりにきびを悪化させてしまう危険性もあるのです。

「皮脂が出過ぎてニキビになるのだから、サッパリと皮脂を洗い落とさなければ!」

とばかり、1日に2~3回、強い洗浄力の洗顔料でゴシゴシと洗うのを習慣にしている方、その洗顔方法は要注意です。

頬を触ってみてください。カサカサと乾燥しているような感じはありませんか?

もしカサカサしているようであるならば、「ニキビを治そうと頑張りすぎてしまって、肌全体の保湿がきちんとできていない」という証拠です!

数個あるニキビをなんとかしたいがために、顔全体の肌の美しさを台無しにしているかもしれません。

顎の周辺は汗腺(※)が少ないので、乾燥しやすい場所です。
その一方で、皮脂腺(※)が多くあるため、皮膚の水分不足を補おうとして皮脂分泌が過剰になります。
そうなると、毛穴に皮脂が詰まりやすくなるので、意外とにきびができやすい場所でもあります。

ニキビケアってどんなこと
すればいいのかしら???

ロゼット洗顔パスタの青色の
チューブタイプとオードムーゲの
拭き取り化粧水とオードムーゲの
クリーム使ってるけど一向に
よくならない。
はぁんくそ。

ニキビを直そうとして、通常よりも頻繁に洗顔をしてしまったり、洗浄力の高い洗顔料を使いすぎてしまうと必要以上に皮脂が失われてしまうために、お肌が乾燥してしまうために皮脂腺からお肌を守るために皮脂が多く出てしまったり、逆に汗を多くかいたまま放置してしまうと雑菌が繁殖してしまいニキビの原因になってしまいます。
綺麗にしているつもりが顎ニキビのできやすい洗顔のをしてしまっては意味がなくなってしまいますので気を付けましょう。

目立ちやすい顎のニキビができにくくするために、正しい洗顔方法とフェイスケアで汚肌から美肌にかえていきましょう。洗顔をする時のポイントとして、次のことに注意しながら行うことで、お肌のトラブルも減らすことができ、美肌を保つことができるようになります。

お化粧をしているときは、クレンジングをおこなう
お化粧をしている場合は、必ずクレンジング剤などで、お肌についている下地クリームやファンデーションをうきあがらせてから、保湿成分入りのティッシュやコットンに水を含ませたものでかるくふきとりましょう 。
乾いたティッシュはお肌を傷つけるのでさけましょう。

ぬるま湯は体温より少し低い32~34度くらいが良いとされています。
お湯の温度が高すぎると必要な皮脂まで落ちすぎて、肌の乾燥の原因になる場合もあるので、お湯はぬるめにしましょう。

洗顔料を細かい泡を作るようによく泡立てます。具体的には洗顔料を利き手とは逆の手の平に乗せ、少し窪めて、手のひらをボウルに見立て、利き手の指先3本で水を混ぜながらよく泡立てます。苦手な方は泡立てネットを使ってもよいでしょう。

毎日の洗顔を正しく行うだけでも顎のニキビは予防できます。正しい洗顔方法の動画を見ながら洗顔方法を一度見直して美肌を手に入れましょう!

そういえばね、まつエクしてから初めて正しい洗顔の仕方を知ったよwwwいつも洗顔は男らしく済ませていたけどあれは間違いだった…!!!

正しい洗顔方法を意識することで、顎ニキビの予防ができ、さらに毛穴の汚れも綺麗に落とすことができますので、イチゴ鼻で悩んでいる方も一度試していただくことをおすすめします。

しっかりと洗顔をして、洗顔後のスキンケアもしていたのにホルモンバランスの乱れや生活習慣の乱れ、ストレスなどでできてしまった顎ニキビを見ると、お化粧をする時に気分も落ち込んでしまいますよね。大切なデートの予定がある日であればさらに落ち込んでしまいます。そんな気を付けていてもできてしまった顎ニキビは早く治したいものです。ニキビの治療薬を使ったり、サプリメントを飲んだりと、どのような対処方法があるのか早くニキビを治すためにはどのようなことをすればいいのでしょうか。

刺激を与えずに泡の力だけで洗顔する習慣をつけて常に衛生的に保っていれば、炎症が起こる可能性は低くなるでしょう。また、皮脂の酸化も炎症促進の原因ですから、抗酸化成分であるビタミンC誘導体を含む化粧水の使用、ビタミンEを含む食品の摂取も一定の効果をもたらすはずです。

生活習慣を改善することで治すことができます。ニキビの原因である皮脂の過剰な分泌は生活習慣の乱れによるので、食事・睡眠を適切にとり、正しいスキンケアを行いましょう。

ニキビが出来ると「保湿しない方がよいのでは?」と思う方がいますが、保湿はしっかり行いましょう。もちろん、過剰な油分での保湿は厳禁ですが、保湿は肌のバリア機能を保ってくれる大切なケアです。ニキビのできやすい部分はクリームやオイルの保湿を避け、保湿化粧水の重ね塗りのあと、ゲルや乳液で保湿をしましょう。

口内炎と口元のニキビ、あっ、吹き出物なんかいっぱい出来た。。。早く治したい(´°̥̥̥̥̥̥̥̥ω°̥̥̥̥̥̥̥̥`)胃が荒れてるんだなぁー。。。

ニキビを一日でなかったことにすることはできませんが、なるべく早くニキビ跡を残さないように早く治すためには、夜更かしや脂っこい物ばかり食べてしまうような生活習慣の乱れや生理前のホルモンバランスの乱れを改善し、正しい洗顔方法をした後の保湿をしっかりと行うことが一番の近道です。
美は一にしてならず!
日々のちょっとした努力で綺麗なお肌を保つことができるようになります。

1