1. まとめトップ

お肌にとって過酷な季節! 真冬の乾燥を防ぐスキンケア術

2019年になり、本格的な乾燥シーズンが到来しました。乾燥は肌にとって大きな負担となります。ここでは、真冬の乾燥対策をご紹介します。これからの時期のスキンケアに役立ててください。

更新日: 2019年01月08日

10 お気に入り 4767 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

冬の乾燥肌対策について書かれたサイトやコラムなどの情報を参考にしてまとめを作りました。

mrjldupxさん

冬に肌荒れや肌トラブルが増えるのはなぜ?

冬になると、肌荒れや肌トラブルが増えると言われています。その原因は乾燥。
寒さと乾いた空気が肌の水分を奪い、肌を乾燥させてしまうのです。

冬の寒さは、肌の巡りを低下させ、乾燥した空気は肌の水分を奪っていきます。年齢肌にとって、そんな冬は要注意の季節といえます。もともと年齢肌は、加齢によって皮脂量が減少しているため、肌の水分が蒸発しやすくなっています。

寒さと乾いた空気が水分を奪う

年齢肌が冬の乾燥ダメージを受けやすくなる原因の一つに、年齢とともに減少するセラミドがあげられます。セラミドが減少すると、肌内部の水分が蒸発しやすく、「カサつき」や「肌あれ」、さらに「ハリ不足」など年齢肌の悩みを進行させてしまうのです。

潤い保持成分「セラミド」の減少も原因のひとつ

乾燥の症状に悩む女性が多い!!

あるアンケートと調査によると、乾燥を気にする季節として冬がダントツ!
カサつきだけでなく、痒みや粉吹きなどの症状に悩まされている方も多いようです。

「カサカサになり粉が吹いて、かゆくなるのでかきむしってしまい、傷だらけ」(28歳/ソフトウェア/販売職・サービス系)

「顔の皮膚がムケて、ファンデーションを塗ると干からびた畑のようになり、お化粧できなかった」(26歳/商社・卸/事務系専門職)

冬の乾燥から肌を守るには?

乾燥対策の基本は保湿ケアです。乾燥しやすい季節は重点的に行いましょう。
また、洗顔後や入浴後などは乾燥しやすい状態にあるので、早めのスキンケアが大切。

洗顔後は肌についた水分が急速に蒸発すると同時に、肌がもっとも乾燥しやすいとき。すぐに保湿ケアを行うのがポイントです。

室内を快適にしてくれる暖房も乾燥の原因になります。長時間の使用は控える、加湿器を使うなどして対策しましょう。

冷房・暖房問わず、エアコンは空気中の水分も吸収してしまいます。そのため、エアコンを長時間使用すると、空気は乾燥します。そして空気が乾燥すると、肌のバリア機能も低下しやすくなってしまうのです。

この時期は乾燥予防として、ビタミンB1・ビタミンB2などが含まれる食品を多く取るのが良いとされています。

皮膚はタンパク質で作られているため、タンパク質をしっかり摂ることが保湿力アップのカギ。また、ビタミン群も、肌の保湿力をキープしてくれる強い味方です。

おわりに

乾燥が厳しい時期でも、対策すれば、肌荒れや肌トラブルを防ぐことができます。
2月になると、もっと乾燥が厳しくなるので、気を抜かずに対策していきましょう!

1