1. まとめトップ

朝ドラ『なつぞら』出演決定!若きバイプレーヤー「富田望生」に注目

広瀬すずが主演を務める2019年度前期の朝ドラ「なつぞら」に、広瀬と三度目の共演となる富田望生(とみたみう)の出演が決定。映画「ソロモンの偽証」に抜擢されて以来、次々と話題作のメインキャストに起用されている富田。『宇宙を駆けるよだか』の演技は絶賛された。ブレイク確実な朝ドラ親友枠の富田に注目です。

更新日: 2019年05月08日

1 お気に入り 8053 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

aku1215さん

◆広瀬すず主演の朝ドラ『なつぞら』

大森寿美男の脚本によるオリジナル作品で、「連続テレビ小説」100作目に当たる。

戦争で両親を失った少女・奥原なつ(広瀬すず)は、北海道・十勝の大地と開拓精神にあふれた強く優しい大人たちに囲まれて育つ。やがてたくましい女性へと成長したなつは、草創期のアニメーションの世界へ踏み出していく。

◆豪華俳優陣が発表されていたが

メインキャストには、岡田将生、草刈正雄、松嶋菜々子、藤木直人、清原翔、福地桃子、小林隆、俳優集団D-BOYSの山田裕貴、吉沢亮、小林綾子が名を連ねている。

北海道を拠点に活動する人気演劇ユニット TEAM NACS から音尾琢真、安田顕、戸次重幸が出演する。

内村光良が、2019年度前期連続テレビ小説「なつぞら」(NHK総合)の“語り”を務めることが12月31日に発表された。

◆新たに広瀬の親友役で「富田望生」の出演も決定

「なつぞら」の追加キャストが判明。仙道敦子、平尾菜々花、富田望生、犬飼貴丈、柄本佑、中原丈雄、北乃きいの出演が発表された。

富田は、映画『SUNNY 強い気持ち・強い愛』(18年)で、渡辺直美が演じた・梅の女子高生時代を担当し、広瀬とも共演。

『なつぞら』でも女子学生が少ない十勝農業高校において、なつの仲良しなクラスメイト、居村良子(いむら・よしこ)を演じる。

「(主役の)なっちゃんが抱きつきたくなるような友達でいてください」出演が決まった時、制作の方々から託された言葉です。まるでふだんの私とすずを見られていたかのようで、照れくさくなったのを覚えています。」

富田のコメント

◆昨年から連ドラ出演が続く、実は売れっ子の富田

『3年A組―今から皆さんは、人質です―』(2019)

女優の富田望生と聞いて、「知らない」という人もいるだろう。だが実は、とっくの昔にブレイクを果たした、知る人ぞ知る人気役者なのだ。

ドラマ「3年A組―今から皆さんは、人質です―」の追加キャストが発表された。食を愛する柔道部の怪力女子・魚住華(うおずみはな)に富田望生。

2019年1月期

『恋のツキ』(2018年9月 ‐ 10月、テレビ東京系)
『今日から俺は!!』(2018年10月 - 12月、日本テレビ)

◆元々ピアノ教師を目指していた富田 東日本大震災で人生が一変

00年2月、福島県いわき市生まれ。小学校3年生でピアノの虜となり、夢はピアノ教師だった。運命の変転が最初に訪れたのは11年3月。故郷が東日本大震災に襲われたのだ。

原発事故が追い打ちをかける。政府は15日、福島第一原発から約30キロ圏内の住民に屋内避難を要請。ホテルは35キロ圏内に位置したため、母親は自主避難を決めた。系列のホテルが都内にもあり、母親が異動することになったのだ。

母親がビジネスホテルの支配人だった

慣れない東京暮らしが始まる。そんな中、「タレント募集」の広告が目に飛び込んできた。突然、閃いた。本気でタレントになりたいわけではなかった。テレビでも映画でも何でもいい、自分の姿が何かに映って、それをいわき市の友達に見てほしかった。

◆映画『ソロモンの偽証』に抜擢され15キロ増量 演技も評価された

映画「ソロモンの偽証」2部作(15)の1万人が参加したオーディションで、主要キャラクターの浅井松子役に選ばれ、本格的に女優としての活動をスタート。

面談、カメラテストと進み、決め手となったのは成島出監督(56)のワークショップ。後日、監督から「感動した」と褒められた。しかし、合格してからが大変だった。監督に「あと20キロ太ってください」と指示されたからだ。

1 2