カウンターのスタッフとお客 by アマナイメージズ

3.責任の所在やトラブルの原因を明確に記載する

お客様に“形だけの誠意”と見られないために、 この度のトラブルの非がこちらにありこのことを重く見ているということを相手に伝えなくてはなりません。

そのために具体的に責任の所在やトラブルの原因、対策などを記載するのが望ましいです。

この情報が含まれているまとめはこちら

お客様に対するお詫び文例のまとめ

お客様に対する詫び状を書く際のポイントと文例をまとめました

このまとめを見る