1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

senegirlsさん

最高クラスの防寒性を持つ

1982年に世界最高峰の山、エベレスト登頂を達成した登山家ローリー・スクレスレットが着用していたことで有名となり、その後も犬ぞりレースや寒冷地の映画撮影隊などに愛用されています。

「ジャスパー」と呼ばれるミドル丈の男性用モデルが人気となったうえ、アジア人の体型に合わせたモデルの展開も始まると、さらに日本での販売が伸び始めた。

今日は雪深い実家に帰るから、唯一持ってるダウンジャケット! 奮発して買ったカナダグースのカムループス(^^) ロンTだけであったけ✨ pic.twitter.com/e5uY2M9Rz5

高級ダウンのパイオニア

ダウンジャケットをファッションアイテムとして日本に広く普及させた功労者の『モンクレール』。

最高峰なホワイトグースの産毛を採用し、軽さと温かさを厳しい認定基準をクリアして、フランス規格協会ANFORからキャトルフロコン (4Flocons) という高い評価を得ています。

#モンクレール 昨シーズンの終わり、来年以降毎年1割ずつくらい高くなっていきますよって半ば脅されるというか説得されるというか、とにかく半端ない圧で買ったモンクレールのダウン。買ってすぐは着る勇気なくて箪笥の肥やし状態だったけど、今年は早く着たい。でもまだ寒くない。なんで? pic.twitter.com/QU74bpdlUJ

洗練されたシルエットが人気

美しいシルエットのダウンジャケットを提案し、あっという間にダウンジャケットの定番ブランドにまで定着したブランド。

ダウンジャケットのスターダムにのし上がった理由は、ダウンパックの容量を増減させることで実現したラグジュアリーなシルエット。

世界最高クラスの品質

デュベティカの創業者は、同じくダウンジャケットで有名なモンクレールで活躍したジャンピエロ・パリアーノ。

1 2