1. まとめトップ
  2. ガールズ

この記事は私がまとめました

senegirlsさん

気になるタイツのデニール数

デニールとは、糸の太さを表す単位で、1グラムのナイロン素材を9000Mに 引き延ばしたものを1デニールといいます。

ねむいいいいい( ³ω³ ) そしてタイツのデニール数間違えたかも…寒い((´・ω・`;))ブルブル・・・。

きのうまでデニール数高い方が透けるんだと思ってた

ストッキングとの分かれ目は

一般的には30デニール未満のものをストッキング、30デニール以上のものをタイツと言います。

目安としてストッキングとタイツの境目を30デニールとしましたが、どの薄さならストッキングと呼んで、どの厚さならタイツと呼ぶかは、製造販売している会社によって違います。ですから、明確に「ここが境!」という、共通の値はないんです。

『ストッキング』は、“1本のナイロンの糸で編まれたもの”。『タイツ』は”複数の糸で編まれているもの”になるそうです。

みんながよく履いているのは

80デニールタイツは、暖かさもありながら、膝を曲げると若干透ける、防寒と女性らしさの両方を兼ね備えた王道タイツです。

80デニール は暖かさもあり、膝を曲げると若干透けるというバランスが支持されたようだ。

機能面もファッション性も損なわない絶妙なデニールが支持されている理由と言えるのではないでしょうか。

ちなみに男性ウケするのは

圧倒的に人気だったのは、やっぱり20デニール。生脚っぽさのある女性らしいデニールが好みの様子。

機能性重視の厚いタイツは「いかにもタイツって感じ」という声が多く、男性好みではないみたい。

また、冬におすすめなのが

110デニールになると、透け感はなく、真っ黒な足になります。厚手になるので保温性も高く、寒い冬に対応したタイツです。

110デニールは、少し厚めになるので、暖かさから考えるとおすすめ!細く見える効果は少し落ちますが、生地が厚めになっているにもかかわらず、特に太く見えたりはしません。

タイツは厚くなるほど毛玉になりやすいので、厚いタイツを選ぶ方は毛玉ができにくい仕様のものを選ぶとよいでしょう。

1 2