1. まとめトップ

美味しいだけじゃない!カレーに秘められた認知症予防の効果とは?

子供から大人まで大人気のカレーですが、実は認知症予防効果があるとご存知でしたか?ある研究によるとインドは、認知症を発症する人が少ないらしいです。なぜ、カレーを食べると認知症を予防できるのか?本当にカレーに認知症予防効果があるのか調べてみました!

更新日: 2019年01月17日

1 お気に入り 1516 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

Luppert80さん

インド人は認知症患者が少ない?

老後、認知症にならないか不安を感じている人は多いと思います。
今のところ、認知症の治療方法は見つかっていません。

認知症は早期に専門医の診断を受ける必要があり、自己判断で物忘れ治療薬を飲み続けていても改善が見込めないだけでなく、認知症の治療が遅れてしまうということになりかねません。

アルツハイマー型認知症により失われた記憶や機能を回復させ、病気を完全に治すお薬はまだありません。症状の進行を遅らせるお薬、不安、妄想、不眠などの症状を抑えるためのお薬による治療が中心となります。

認知症は発症してから治療するのではなく、予防することが一番大切です。
そんな中インドでは、認知症の数が他の国と比べ少ないと言われています。

アメリカとインドの同世代の人同士でアルツハイマー型認知症の割合を調べたところ、インド人はアメリカ人の4分の1ほどしか、患者がいないことがわかっています。

北インドのバラブガール村では、アルツハイマー病がとても少ない。世界の多くの地域では高齢者が認知症になりやすいのに、ここではアルツハイマー病の人が稀にしかいないということです。医療に携わる科学者は、この小さな地域でのアルツハイマー病が記録的に少ないことに興味を示しています。

なぜ、インドでは認知症の数が少ないのか?
それはインドの国民食、カレーに秘密がありました。

カレーの認知症予防効果について

カレーには、色んな香辛料が使われています。
その中でも特に、認知症予防に効果があると言われているのが、ターメリックです。

金沢大学の山田教授がその仮説をもとにカレーを研究してみたところ、カレーの中にアルツハイマー型認知症を防ぐ成分があることを発見しました。それはカレーの黄色い色のもととなるウコン(ターメリック)です。

認知症の中で最も患者数が多いアルツハイマー病は、脳の神経細胞の中に特殊なゴミが溜まることで発症します。カレーなどに入れるターメリックというスパイスに含まれる『クルクミン』にはそのゴミを溜まりにくくする作用があります。

また、カレーに大豆を入れて大豆カレーにすると、認知症予防の効果が上がります。

しかし、カレーだけで認知症予防はとてもできません。
理由は、毎日ある一定以上食べないと行けないからです。

しかしこの研究のような効果を期待するには、かなりの量のカレーを毎日食べ続けなければいけないようだ。具体的には、3グラム(約小さじ一杯分)のターメリックを毎日2回の食事に取り入れなければいけない。 クルクミンは科学的に不安定なことに加えて胃と腸内ですぐ代謝されてしまうため、食事からはごく少量のクルクミンしか体内に吸収されないとの報告もあるそうだ。

カレーを毎日食べ続けるのは、精神的にキツイです。
また、カレーだけを食べるのは栄養バランス的によくありません。
カレーを食べる以外にも、運動や脳トレで認知症予防をすることが大事です。

カレーとあわせてやりたい認知症予防

・ 脳を刺激する活動を行う

 クロスワードパズル、カードゲーム、コンピュータゲーム、芸術品や工芸品の制作、講演の聴講、グループ討論、音楽の鑑賞などには、アルツハイマー病に対する保護効果がある。

認知症の予防方法としてよく挙げられるのが、有酸素運動です。

1日30分の運動を週3回以上行うことが推奨されています。

有酸素運動をすることで、脳由来神経栄養因子が出て新しい神経や血管が生まれることがわかっています。そのことが認知症の予防につながると期待されています。

充分な睡眠が取れないと脳の疲労は蓄積する一方となり、脳機能の低下、そして認知機能の低下を助長させる可能性があります。睡眠はそんな脳が休息し、壊れた細胞を修復できる唯一の時間なのです。 毎日の睡眠を軽視せず、脳に十分な休息を取らせることが認知症予防には大切です。

いくら、認知症予防に良い運動や脳トレをやっても、認知症の原因になる生活習慣を改善しなければ、効果はありません。
飲酒を制限したり睡眠時間を十分取った上で、脳トレや運動をすることが一番の認知症予防です。

適度にカレーを食べていつまでも元気に!

認知症は一度発症すると、薬などの治療方法では完治できない病気です。
しかし、食事や運動、脳トレで認知症は簡単に予防できます。
カレーにはターメリックが多く含まれているので、認知症予防に効果的で、また美味しいのでとてもおすすめです。
一、二週間に一度ぐらいカレーを食べて、美味しく認知症予防をしましょう!

1