1. まとめトップ
  2. エンタメ・カルチャー

就活ものからサスペンス系まで!2月公開のおすすめ「青春映画」

2019年2月公開のおすすめ「青春映画」5作品のまとめ。高杉真宙×安田聖愛『笑顔の向こうに』、副島和樹×立石晴香『40万分の1』、佐野勇斗×本郷奏多『凜 りん』、BOYS AND MEN『ジャンクション29』、『ノーザン・ソウル』。

更新日: 2019年01月15日

9 お気に入り 8985 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

aku1215さん

◆『40万分の1』(2月8日公開)

「就活」をテーマに現代の若者像をリアルに描いた青春映画。

三流大学に通う徹は、恋人の真美にフラれた腹いせに、大手広告代理店への就職を狙っていると嘘をつく。後に引けない徹は、伝説のOB・荻野の指導を受けることに……。

主人公の徹役を第29回ジュノンスーパーボーイコンテストで審査員特別賞受賞し、今作が初の映画出演・初主演となる副島和樹、ヒロインの真美役を「動物戦隊ジュウオウジャー」の立石晴香がそれぞれ演じる。

とりあえず1月は仮面ライダーもっかい見に行って、2月は「40万分の1」を見たい

◆『ノーザン・ソウル』(2月9日公開)

1960年代にイングランド北部の労働者階級の若者たちから生まれた音楽ムーブメント「ノーザン・ソウル」の最盛期である70年代を舞台に描いた青春ドラマ。

退屈な毎日にうんざりしていた高校生ジョンは、ユースクラブでソウル・ミュージックに合わせて踊る青年マットと出会う。

出演は「モダンライフ・イズ・ラビッシュ ロンドンの泣き虫ギタリスト」のジョシュ・ホワイトハウス、「24アワー・パーティ・ピープル」のスティーブ・クーガン。

映画『ノーザン・ソウル』試写会に行ってきました。レア盤をめぐる人間模様がリアルで楽しかった〜! #ノーザン・ソウル instagram.com/p/BrFDo9UHFgW/…

昨日は、7インチ14枚組によるサントラもリリースされていた『ノーザン・ソウル』(2014)の試写。キッチンシンク・リアリズムの伝統を受け継ぐ、イングランド北部の“持たざる若者”を描いた青春映画。当然、音楽は60年代のノーザン・ソウルだが、舞台は74年。高校教師のジャケットが、時代を 伝えている。 pic.twitter.com/cKFGh5D0p3

◆『笑顔の向こうに』(2月15日公開)

歯科医療の現場を舞台に、若者たちの成長を描いた青春映画。

大地は周囲からの評判も良く、その端麗な容姿から“王子”とも呼ばれる若手歯科技工士。だがある日、歯科技工所を営む父にその仕事ぶりを否定され、患者からも義歯を突き返されてしまう……。

高杉が主人公の歯科技工士・大地を演じ、「ポエトリーエンジェル」の安田聖愛が大地の幼なじみで新人歯科衛生士の真夏に扮する。共演として辻本祐樹、西方凌、濱田英里、ayanonono、木村祐一、池田鉄洋、佐藤藍子、中山秀征、秋吉久美子、松原智恵子が参加。

高杉真宙

高杉真宙の主演映画『笑顔の向こうに』がモナコ国際映画祭で最優秀作品賞を受賞 丹古母鬼馬二は助演男優賞に輝く #高杉真宙 #丹古母鬼馬二 spice.eplus.jp/articles/219955 pic.twitter.com/ZvoVVQuStA

「笑顔の向こうに」の試写を拝見。真宙くんがちょっとぶっきらぼうな若者男子をストレートに演じる作品は何気に少ないと思うので、クスッと笑えて新鮮だった。長編映画は初監督となる榎本二郎氏のフレッシュな映像×胸キュンシーンが清々しい。中村昌也氏の登場シーンも、なかなかパンチが効いてる!

◆『ジャンクション29』(2月22日公開)

「ボイメン」の愛称で人気の名古屋を中心に活躍する男性エンタテインメント集団「BOYS AND MEN」のメンバーが、30歳を目前に控えた4人の等身大の若者を演じる青春群像劇。

1 2