1. まとめトップ

異例の大ヒット…乃木坂46・高山一実の小説が話題になっている!!

高山一実さんといえば、乃木坂46の人気アイドルでかわいらしくて有名です。彼女には読書という趣味があって、その影響か小説を執筆されました。アイドルが書いたと話題になるのもそうですが、それ以上にクオリティーが高く重版が続出して異例の売り上げになって話題になっています。

更新日: 2019年01月09日

1 お気に入り 5556 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

乃木坂46の高山一実といえば?

高山一実さんといえば、「人中が深い」「さしすせそが言えない」などいじられるなど、バラエティ担当ですよね。

高山一実さんの好きな食べ物はぬれせんべい。

好きなスポーツは剣道とバスケットボール。好きなディズニーキャラクターはダッフィー。

好きなブランドはLOVELESS。また、道重さゆみのファンとしても知られています。

趣味は、読書、写真。好きな小説は湊かなえの「少女」。

高校生の頃、湊かなえの「告白」を読み、湊かなえにはまったそうです。

様々な芸が必要になっていますが、この方は小説に特化したようですね。

高山一実は乃木坂46の1期生オーディションに合格したメンバーの一人です。

性格の良さが有名ですし、白石麻衣と並ぶエースの西野七瀬とも仲の良いことで知られています。

一見かわいらしい普通のアイドルに見えますが、これまでも雑誌「ダ・ヴィンチ」に連載をもって活動していました。

そんなアイドルの小説が大ヒットしている!内容も本格的だ

11月28日(水)に発売された乃木坂46・高山一実の『トラペジウム』が、驚異的な売れ行きを見せ、発売から2ヶ月経たずに大台となる10万部を突破。

Amazon売れ筋ランキング日本文学部門(2018/11/29調べ)、オリコン文芸書ランキング(11月26日~12月2日)のみならず、数多の書店店頭ランキングで1位に輝きながらも、年末年始には完売店が続出。

するくらいの人気作品です。

著名人がこぞって絶賛する作品ということもあり、ますます期待が高まりますね!

『トラペジウム』は、乃木坂46のファンだけではなく、アイドルに興味がない読書家の間でも評判がよい作品になっているとのことです。

アイドルを目指す主人公・東ゆうが、東西南北でそれぞれ1番輝く美少女を見つけてアイドルグループを結成するまでを描き、青春小説やアイドル業界の内幕モノとして高く評価されている。

どんな小説なの?

アイドルの星を目指すといったところでしょうか?

オリオン大星雲中心部の星生成領域にある散開星団である。名称はラテン語で台形を意味する。

小説の主人公は、「東西南北の“輝く星たち”を仲間にした」と書かれています。

少女たちが放つ光を星になぞらえてつけられたタイトルなのかもしれませんね。

それは『トラペジウム』が、主人公が自分も含め東西南北の美少女たち4人を集め、アイドルを目指す物語だということからわかります。
つまり、4人の美少女をトラペジウムの形に例えているというわけです。

現役トップアイドルが、アイドルを目指すある女の子の10年間を描いた感動の青春小説!

高校1年生の東ゆうは「絶対にアイドルになる」ため、己に4箇条を課して高校生活を送っていた。
努力の末、ついに東西南北の“輝く星たち”を仲間にした東が、高校生活をかけて追いかけた夢の結末とは!?

様々な意見が

高山一実さんの小説『トラペジウム』大重版めでたい! 乃木坂46の皆さんは出版界の希望であります。 書評家であり、アイドルヲタである大森望さんによる書評を再掲しておきます。 taishu.jp/articles/-/623…

普段小説読まないけど、これはすごく読みやすかった。 面白い表現も多く楽しめたし、共感出来るような事もあったから飽きずに最後まで読めた。 乃木坂メンバーで映像化したら面白そう #トラペジウム #高山一実 headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190109-… @YahooNewsTopics

湊かなえさんから高山さんへコメント! しかも重版分から帯になるって! 高山さんよかったね! 湊さんコメント 「自分が作った扉から小説の世界に入ってきた方が、新しい扉を開いてくれる。これ以上、小説家として嬉しいことはありません」 #トラペジウム #高山一実 ddnavi.com/news/512289/

1 2