1. まとめトップ

全身スーツのVRコントローラー「HoloSuit」って知ってる?

めまぐるしく変わるITの世界。新たな技術が次々と誕生しています。そのなかでVRの技術が発展しています。新たな技術として、HoloSuitが注目を受けています。今回はHoloSuitの機能や今後の発展などをご紹介します。

更新日: 2019年01月09日

1 お気に入り 4790 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

hidemaru3さん

そもそもVRってなに?

VRとはVirtual Realityの略で、一般的に「仮想現実」と訳される。主にコンピューターや電子技術を用いて、人間の視覚、聴覚、触覚、嗅覚、味覚といった五感を刺激し、あたかも現実かのように体感させる概念や技術を指す。

広義にはテレビ、映画、シミュレーションタイプのゲームも、自宅に居ながら世界の風景や創造上の物語に没入感を得られれば、VRと言える。

今話題になっているVRアイテムとは?

今話題になっているVRの最小要件は、主に頭部にゴーグルのように装着するヘッドマウントディスプレイ(Head Mount Display・HMD)を用い、360度全天球の映像から、ユーザーが見たい方向を見られるシステムという解釈でよいだろう。

直近の切っ掛けは、ゴーグル型で視野を覆うコンピューター映像を立体視できる「オキュラス・リフト」の登場で、ユーザーや開発者を刺激し、現在のVRブームに至っている。

現在流通しているVRアイテムは?

こちらは超定番!「ハコスコ」さんの製品(ハコスコ・タタミ二眼 1,000円)。段ボールでできていて、自分で組み立てます。なので安い!

そもそもハコスコはスマホに表示された映像を直接レンズを通して見るものでOculusやPSVRと構造が違いますし、クオリティに関してはあまりハードル上げ過ぎると後悔する場合もあるでしょう

ハコスコは仮想空間に入り込んだかのような最高の没入感を提供するものではありません。あくまで1000円で体験できる手軽なVR体験です”

ハコスコ楽しい〜✨✨つい何回もやってしまう…ぐるぐるし過ぎて目まわる…笑欲をいうならば、完全なる第三者としてフィアットに乗ってるていか、次元とか五ェ門とか不二子ちゃんとか警部の位置にもなれる的なのも欲しかったなあ…ルパンが運転してるとこ、横から後ろから見たかった_(:3」z)_ pic.twitter.com/Utt2XzwJBl

PlayStation4でゲームをしたいし、きっちりとVR体験もしたい! という方にはこちらが選択肢としてはよいかもしれません。アウトサイドイン方式のポジショントラッキングに対応していることが大きな強みです。

PS VRはPlayStation®4の魅力を高め、ゲーム体験をさらに豊かにするバーチャルリアリティ(VR)システムです。

VRヘッドセットをかぶると、プレイヤーの360度全方向を取り囲む、迫力のある3D空間が出現。独自の3Dオーディオ技術との連動によって生まれる圧倒的な臨場感により、ゲームの世界に本当に入り込んでいるかのような体験をもたらします。

PlayStation®VR、めっちゃ欲しい。ホラーゲームとかやってみたいけど、トラウマになりそう

32GBモデル ¥23,800円(税込)
64GBモデル ¥29,800円(税込)

今手元になーんにもない!Galaxyもない!という方に全力でお勧めしたい「VRエントリーモデル」がこちらになります。3万円出せるなら、スマホ+VRの組み合わせよりもこちらが断然オススメ。

高性能なゲーミングPCは要らず、ディスプレイ代わりのスマートフォンも必要としない、スタンドアローンなVRヘッドセット。

安価でありながら高画質、Galaxy Gear VRに準拠した性能で、コンテンツも一通り揃っていたこともあり世界中でヒット。映画やドラマといったコンテンツも今までにはない臨場感が楽しめる。

全身スーツのVRコントローラー「HoloSuit」ってなに?

HoloSuitはセンサーを内蔵した衣服型のコントローラー。上半身、下半身、手、足、頭部に分かれており、全体で26個、または36個のセンサーで体の動きを検出する。

人差し指の側面に2個ずつ、上半身に2個のボタンを搭載しており、動きだけでなくボタンによる入力も可能だ。9カ所に振動パックを内蔵しており、触覚フィードバックにも対応する。Windows、iOS、Androidの環境で利用可能だ。

用途として、検出した動きをロボットの遠隔操作に利用する、VR内のアバターに反映させるといったことを紹介している。

動きを記録してクラウドに保存し、共有するといった機能もあるという。モーションキャプチャーには大掛かりな施設や機材が必要になるが、HoloSuitならもっと簡単に実現できるとしている。

全身トラッキング可能なスーツ型コントローラー『HoloSuit』が2018年11月までに出荷を開始予定 お値段なんと999ドルから! vtub0.com/news/7824 どんどん高性能なフルトラが安価になりつつある!欲しい!!

全身スーツのVRコントローラー「HoloSuit」の優れた点とは?

HoloSuitでは、トラッキングにカメラが不要です。Kaaya社によれば、埋め込みのセンサーがトラッキングに必要なモーションキャプチャーを行い、データをワイヤレスで転送します。

対応するヘッドセットはHTC Vive、Oculus Rift、 Windows Mixed Realityヘッドセット、HoloLensと、主要なVR/MRデバイスをカバーしています。

またスマートフォン向けのGear VRの他、AndroidとiOSのタブレット、スマートフォンにも対応しています。スーツの洗濯も簡単です。

面ファスナーでつながったセンサーを外せば、そのまま洗濯機で洗うことができます。

それはさておき、Kaaya Techが開発してる「Holosuit」が10月に販売開始されるらしいしいっそもうトラッカー買わなくていい気がしてきた いつ入るかもわからない在庫を待つより資金貯めてホロスーツ買おう…… いやまぁVRC対応してくれるかわからないけどさ

渋谷のPARCOがVRを活用した買い物を試みている様に、今後もVRやMRを利用したショッピングは確実に増えて来る。 『HoloSuit』みたいな全身をトラッキングする技術が改良されればそれを着てVR世界に入るだけで背丈にあった品物のみを陳列させる事も容易だし、試着もVRで済む。

全身スーツのVRコントローラー「HoloSuit」の機能を見てみよう!

1 2