1. まとめトップ

遊んで暮らせるお金があっても「働く」という人の考え方に納得

一生遊んで暮らせるお金があっても「働き続ける」という人の考え方についてご紹介します。

更新日: 2019年01月10日

5 お気に入り 3530 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

信頼のおける情報を元に作成しています。

■一生遊んで暮らせるお金が欲しい!

多くの人が思うことです。

100万円欲しいとか言わないからさ、一生遊んで暮らせるお金がほしい

5000兆円欲しいなんて言わない、ただ一生遊んで暮らせるお金が欲しい!!!!!!!!!!!!

もう一生彼女できなくていいから、大型二輪免許とバイクそれから一生遊んで暮らせるお金と若さが欲しい。。。

@soar_summoner やっぱりお金と時間と休みが欲しいですね(´・×・`) 働かないで一生遊んで暮らしたい…(ダメ人間)

■このような願望を持つ人が多いが、お金を手に入れても仕事を続けている人がいる

特別にお金を持っているとか儲かっているという意識はありませんが、「働くのをやめたい」などと思ったことは一度もありません。

「金さえあれば働かないのに!」という人は「お金持ちは働いたりなんてしないはずだ」という固定観念に囚われがちです。これは、自分からお金を遠ざける危険な思考

真っ当な社会人であれば、働いてない事に、苛立ち、ストレス、不安感を感じるものです。面倒だと思いつつ仕事をして初めて休日が生きる、楽しみと感じられるもの

■大企業の社長は皆お金を持っているが仕事を辞めていない

日本の資産家の代表格で、お金持ちでもあるソフトバンクの孫正義氏や楽天の三木谷浩史氏はなぜ働いているのでしょうか?

柳井正(自己資産:1兆550億円)世界有数のアパレル企業に成長したファースト・リテイリングの社長。「ユニクロ」で有名でソフトバンクの社外取締役でもある。

柳井正氏がなぜ働き続けるのかも理解できないでしょう。彼らもまた、生活のためにやむを得ず働いているわけではありません。

■いったいなぜお金持ちなのに働き続けるのか?

「たくさんお金を持っている人は働いたりなんてしないはずだ」と考えている人は、おそらく仕事が楽しくないのでしょう。

働き続ける人々は「仕事が楽しい」というのが根底にあります。

かけがえのない存在である自分だけが出来ることを社会を通じて、世間にたとえ少しであっても付加価値を提供して行く

社会に関わる、貢献することに対して生き甲斐を感じています。

自分が考えた商品・サービスを世に問い、受け入れられたいという承認欲求(あるいはゲーム感覚)競合に打ち勝ち、あるいは独自性を出して売上・シェアを伸ばしたいという競争心

メラメラとした「欲」に突き動かされます。

■一般の方に聞くと、意外にも「働き続ける」という人が多い

Q1.働く必要がないほどお金があっても、働きますか?(有効回答数:200) 働く・・・62% 働かない・・・38%

コメントを見ると、「社会と繋がっていたい」「社会や人の役に立ちたい」というものが多く、中には「働いてないと太ってしまうから」

■とにかく前向きな意見が多い。納得もできる

1 2