【注意喚起】この冬増えてる「キケンな感染症」

2019年を迎えましたが、ノロウイルスやロタウイルスなどの「感染症胃腸炎」や「インフルエンザ」など、さまざまな感染症が流行っています。風邪と似た症状なので、気付かない方も多いそう。対策法もいっしょにチェックしましょう。

更新日: 2019年01月10日

38 お気に入り 139916 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

2015年以来の流行に…

両頬がリンゴのように赤くなることで知られる伝染性紅斑、いわゆる「リンゴ病」の感染が広がっている

体にも発疹がみられ、風邪っぽい症状に。自然によくなることが多いですが…

妊婦が感染した場合、 胎児の異常や流産を引き起こす恐れがあるため、 患者が増加傾向の自治体は警戒を強めている

風疹とか以外にも妊婦がうつるとまずい病気はあるのだな。。りんご病が胎児に感染すると半数は流産で死産もわりと多いのだね。 リンゴ病が首都圏で流行中 妊婦は要注意(毎日新聞) - Yahoo!ニュース headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190104-…

患者の咳やくしゃみなどのしぶきに触れることによって感染するため、一般的な予防対策であるこまめな手洗い、咳エチケットなどを心がけることが大切

他にも、ピークを迎えた感染症が

ノロウイルスが有名ですが、年が明けて春にさしかかるとロタウイルスによる感染性胃腸炎が増えてきます

春まで注意が必要。特にロタは乳幼児に脅威で、死にいたる恐れも…

爪の間などにウイルスが入り込む可能性があるので、忘れずに。常に爪を短く切っておくのも良いそう。

手指に付着しているノロウイルスを減らす最も有効な方法。石けん自体にはノロウイルスを直接失活化する効果はありませんが、手の脂肪等の汚れを落とすことにより、ウイルスを手指から剥がれやすくする

下痢止め薬は、病気の回復を遅らせることがあるので使用しないことが望ましい

今はだいぶ有名になってきたけど、ノロウイルスはアルコールが効かないから、めっちゃ薄めたハイターが必須。 5年前、娘といっしょに寝てたら突如、後頭部にゲロはかれ。 親子してノロ地獄を味わったなぁ… twitter.com/kusozakochicke…

大変なのが「二次感染」の予防。市販の漂白剤を薄めると、消毒に使える。

警報・注意報レベルの地域が続々

北海道や神奈川、愛知、大阪などで「警報」レベルに、そのほか多くの地域で「注意報」レベルに

東京都のインフルエンザ患者報告数が注意報の基準を上回ったことが7日、都がまとめた患者報告で分かった

東京は2週間以上も雨が降っていない状態。乾燥しているとインフルに非常にかかりやすくなる。

雨が降らなければ空気の乾燥した状態が続き、インフルエンザ流行がさらに拡大する心配があります

新学期が始まることもあり、年明けの2週目以降に大幅に増加する傾向も。

予防接種で発症する可能性を低減させることはできますが、日々の予防も重要です。

流水・石鹸による手洗いは手指など体についたインフルエンザウイルスを物理的に除去するために有効な方法。アルコール製剤による手指衛生も効果があります

普通のマスクでは、インフルエンザウイルスの侵入を防ぐことはできません。ただし、最近は手などに付着したウイルスが口に入っても感染を起こすことがわかってきており、接触感染については効果が期待できる

他人にうつさないためにもマスク対策は大切。

【#インフルエンザ の #マメ便り 】 インフルエンザの予防には、みんなの「かからない」、「うつさない」という気持ちがとても大切!手洗いで予防、かかってしまったときは、マスクなどで咳エチケットを忘れずに! pic.twitter.com/scX5uFQCwS

さまざまな感染症が流行っているので、無理をしすぎないように心がけてください!

1