絞りのもう一つの役割。
ピントの合う範囲のコントロールだ。
ピントの合う範囲のことを【被写界深度】といい。

単純に
F値を小さくすると(開ける)ピントの合う範囲が狭くなる(浅くなる)
F値を大きくすると(閉める)ピントの合う範囲が広くなる(深くなる)

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

一眼レフ、ミラーレス一眼カメラ撮影テクニック基本まとめ1「ボケ編」 【一眼簡単マスター】

難しいようで実は単純な一眼カメラ撮影テクニックの基本を計6パートに分けて分かりやすく解説します。プロカメラマンの国家試験はない、カメラを持った時点で君はプロカメラマンです。自信を持ってください。(・ω・)ノ

このまとめを見る