1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

悲報…今年の花粉は「6年ぶりの大量飛散」になるみたい

花粉症の方はもちろん、発症していない方も油断は禁物です。

更新日: 2019年01月10日

10 お気に入り 17793 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

信頼性の高い報道と皆さんのツイートを基に作成しました。

manuronaldさん

■山口県で「スギ花粉の飛散」を確認

山口県医師会は8日、「今年初めてのスギ花粉が今月1日に観測された」と発表した。

観測されたのは同県柳井市の測定地点で、1平方センチメートル当たり、0.6個のスギ花粉を確認。

過去5年の初観測日は1月1~4日で、ほぼ平年並みとなった。

ここ何日か鼻水と鼻詰まり…まさか花粉飛んでる…?

もうすでにしっかり来てます花粉症。例年より半月以上早いっす、、

薬局に花粉対策コーナーできてる…。いとつらしシーズンが今年もやってくる…( ´•̥̥̥ω•̥̥̥`)

■日本人の4人に1人が悩む「花粉症」

発症すると完治はまれ

花粉症は、体内に入った花粉が原因となり、くしゃみ・鼻水・鼻づまりなどのアレルギー反応を起こす病気。

日本人の4人に1人が花粉症を患っており、しかも一度発症すると完治はまれで、約95%の人が毎年悩まされているという。

原因となる花粉は約60種類もあり、飛散時期はバラバラ

スギ花粉がツライ季節ですが、花粉アレルギーの原因は約60種類もあり、飛散のピークもバラバラ…。 春以外に花粉症のような症状が出る場合、スギやヒノキ以外の植物が原因かもしれませんよ。 weathernews.jp/s/topics/20180… pic.twitter.com/RpnxvYY48h

原因となる花粉の種類は地域によって異なり、日本においては花粉症患者の約8割近くが「スギ」や「ヒノキ」の花粉が原因。

しかし、日本では約60種類もの原因花粉が報告されており、原因となる植物の分布や飛散時期にバラつきがある。

■悲報 今年は「6年ぶりの大量飛散」になるらしい

原因は昨夏の記録的猛暑

全国平均では平年の6割増しで、特に東日本などでは平年の1.5〜3倍近くになり、6年ぶりの大量飛散になる恐れがある。

多い所では、昨年の5倍以上にも!?

昨年夏の記録的猛暑により、平年よりも気温がかなり高く、日照時間も多かったことが原因という。

今ニュース見たけど今年も花粉は倍になるそう どんだけ増えるんだよ昨年の〇〇倍っていうのを毎回見てるから、人類はそろそろ花粉に殺されるのかもしれない。

花粉に豪雨に猛暑にインフルにって、日本てこんなに生きるの大変な国だったっけ( ;∀;)???

■飛散時期

ポイントは「冬の寒さ」と「春の気温」

スギの雄花は冬の寒さを経験することで休眠から目覚め(休眠打破)、寒さがピークを過ぎて暖かくなると花粉を飛ばし始める。

1 2