1. まとめトップ

『ラグジュアリーホテル』について調べてみました、、、豪華っ!!

未だにデフレ脱却が出来ない日本ですが、果たして本当にそうなのか?全国的にタワーマンションが乱立していますが、本当に今の日本はデフレなのか?少し検証してみようと思います。

更新日: 2019年01月11日

3 お気に入り 5358 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

headsjobjobさん

そもそもラグジュアリーとは?

[名・形動]ぜいたくなさま。豪華なさま。また、ぜいたく品。高級品。「ラグジュアリーなファッション」

ウィキペディアには「ラグジュアリー」という見出しの百科事典記事はありません(検索結果/「ラグジュアリー」で始まる記事の一覧)。
代わりにウィクショナリーのページ「ラグジュアリー」が役に立つかも知れません。

はなやかで、いかにもお金がかかっている様子。極めてはでやかなこと。

とにかく豪華で派手、お金が掛かっている様を表す言葉として、『ラグジュアリー』ってワードが使われています。
ですので、例え高価な物であっても、それが一般的な品々には、その言葉が使われる事はなく、ブランド品や高級車やアクセサリー、それと今回の題材であるような、高級なホテル等に使われ出した言葉であります。

ラグジュアリーについて
ラグジュアリーとは、「贅沢な」「豪華な」 「贅沢さ」などを意味する。主には贅沢品、高級品を表現するときに使用される。

一般的にラグジュアリーホテルとは?

ラグジュアリーホテル(Luxury Hotel)とは、米国ホテル&モーテル協会(AH&MA)によると「最高級価格帯」に分類されるホテルのことです。
また同協会によると「大規模で豪華な設備とサービスが国際基準をクリア、多数のスイートルームを持ち、1,000室級の施設で、多くの客を収容可能な施設」とされています。ラグジュアリーとは英語で「豪華な、贅沢な」を意味します。

分かりやすく言えば、豪華なハード(施設)に、豪華なソフト(サービス)を詰め込んだホテルのことを言います。
日本語で言えば「最高級ホテル」と訳して差し支えないでしょう。

東京の最上級ラグジュアリーホテル

出典rlx.jp

グランド ハイアット 東京は、六本木に位置し、
さまざまな東京名所を見渡すことができます。
六本木ヒルズ、森美術館、東京ミッドタウン、東京タワー。
目眩いばかりの“東京”を堪能しませんか?

出典rlx.jp

ザ・ペニンシュラ東京は、
伝統とモダンが融合する趣きのある空間を携えて、
東京・丸の内に佇みます。

皇居外苑と日比谷公園に面して緑に抱かれる一方で
都会・銀座へも徒歩圏内というロケーションは
訪れる皆さまのご旅行をより便利にしています。

出典rlx.jp

様々な文化が溶け合い、上質を知る大人たちが集う、六本木。
そんな街で、圧倒的な存在感で大人たちを魅了する「天空のホテル」が、
世界でも名高いザ・リッツ・カールトン東京です。

出典rlx.jp

シャングリ・ラ ホテル 東京は、創業以来、
訪れる人々の期待を超えた伝統的なおもてなしを守り続けてきました。
美しい街並みを一望できるほどの大きな窓。
ゆったりとした上質な空間が至福のひと時を演出します。
世界的なデザイナーが内装を手がけた非日常的なダイニング。

出典rlx.jp

東京 西新宿に佇むラグジュアリーホテル パーク ハイアット 東京。
美しい東京の街並みを一望することのできる
非日常的な世界がここにはあります。

洗練されたしつらいのロビーには
安らぎと静けさが織りなす優雅な時が流れています。インテリアやアートなど、随所にまでこだわったからこそ、
実現されたまさにラグジュアリーな空間です。

出典rlx.jp

伝統と革新が溶け合う街、日本橋。
マンダリン オリエンタル 東京は、圧倒的な存在感を携えて、
新旧が混ざり合うその空間に佇みます。

入り口に一歩足を踏み入れると広がる
スタイリッシュでありながらもエレガントなラウンジ。
一面を覆うほどの大きな窓に映し出される

筆頭はリッツ・カールトン、マンダリンオリエンタル、ペニンシュラ、コンラッド、グランドハイアットなどでしょうか。
並んで新御三家(フォーシーズンズ・ウェスティン・パークハイアット) 、次いで御三家(帝國、オータニ、オークラ)などが挙げられ、後は日航東京やらインターコンチ、セルリアン、リーガロイヤルがかろうじて「高級ホテル」でしょうか・・・。
ヒルトンやシェラトン、プリンスホテルなんかは「高級なイメージ」で有名ですが、実際は「格上ビジネスホテル」みたいなもので、ラグジュアリーという表現は似合いません。

大阪の最上級ラグジュアリーホテル

大阪で最高クラスの評価を受ける「インターコンチネンタル大阪」。このクラスのホテルとしては高級感が強調されていないので、自然な雰囲気で滞在することができます。お部屋は47㎡以上の広々とした空間であり、バスルーム等の設備も優れています。宿泊者は無料で大浴場を利用することができます。

ヒルトングループの高級ブランド「コンラッド」。こちらの”大阪”は2017年開業であり、フェスティバルタワー・ウエストの33~40階を占めています。お部屋の広さは全室50㎡以上、これは都市部にあるホテルとしては最高クラスになります。室内は黒やブラウンなどのシックな色でまとめらた大人の空間です。

スターウッドの最高級ブランド「セントレジス」。1904年にニューヨークで創業したホテルが始まりであり、こちらの”大阪”もその伝統を受け継ぐ格式高いつくりです。館内は高級感が漂い、ところどころに”和”のテイストが組み込まれています。バトラーサービスを設けるなど上質なサービスに力を入れています。

リッツ・カールトンの日本第一号店として高い知名度を誇る「リッツ・カールトン大阪」。”日本で最も高い評価を受けるホテル“のひとつでもあり、特にスタッフの高い接客サービスが評判です。2017年に全室が改装され、クラシックな要素はそのままに所々に近代化が図られています。

日本一の高さを誇るあべのハルカスにある「大阪マリオット」。お部屋の広さは38㎡からであり、最高級ホテルの目安となる40㎡には届かないものの、床から天井まである大型の窓や洗い場付きのバスルームなど優れた内容となっています。その中でも、一番のポイントは窓から望む絶景です。

庶民的なイメージの強い大阪ですが、高級ホテルの中は別世界。古くからのホテルは次々リニューアルを果たし、新たなラグジュアリーホテルが参入し、そのクオリティはますます磨かれています。

西日本最大の都市である『大阪』。ビジネス需要もちろん、関西エリアには観光スポットが数多くあるので、その中心である大阪には高級ホテルが多く集まります。外資系ホテルから地元資本のホテルまで幅広くあり、ハードを重視するかソフトを重視するかなど様々な点で最適なホテルは変わってきます。

ネットでラグジュアリーホテルを調べてみて分かったのですが、検索結果として表れるのは、殆どが東京のホテルである事です。
かろうじて大阪のホテルは紹介されてますが、他の地域はラグジュアリーと言うよりも、人気のあるホテルが出てくるぐらいなので、やはりラグジュアリーホテルというのは、都心部・特に東京都内に特化した空間という事でしょう!!
ただ、一部の富裕層には魅力的なワードである事は間違いないみたいで、全国の特に観光地などでは、スモールラグジュアリーホテルなる名前まで出現してきております。

世界的に名のある大きな高級ホテルに彼と泊まってみたい。そんな夢を抱いている女子も多いはず。だけど大規模な高級ホテルはなんだかありきたり。そこでご紹介したいのが「スモールラグジュアリーホテル」です。スモールラグジュアリーホテルとは、小規模で高級、且つ、型にはまらない個性的な独立系のホテルのこと。

1 2