1. まとめトップ
  2. エンタメ・カルチャー

インド大ヒット作からサリンジャー秘話まで!今週末公開の『おすすめ映画』

2019年1月第3週末公開の「おすすめ映画」5作品。門脇麦×吉田志織『チワワちゃん』、柳楽優弥×小林薫『夜明け』、『ミスター・ガラス』、『バジュランギおじさんと、小さな迷子』、『ライ麦畑の反逆児 ひとりぼっちのサリンジャー』。

更新日: 2019年01月24日

8 お気に入り 6282 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

aku1215さん

◆『ミスター・ガラス』(1月18日公開)

M・ナイト・シャマラン監督がブルース・ウィリス&サミュエル・L・ジャクソン共演で送り出した「アンブレイカブル」のその後を描いたサスペンススリラー。

ある施設に不死身の肉体を持つデヴィッド、壊れやすい肉体を持つミスター・ガラス、24の多重人格者ケヴィンが集められる。精神科医ステイプルは、すべて彼らの妄想であると証明しようとするが……。

「アンブレイカブル」でデヴィッドを演じたウィリス、ミスター・ガラスを演じたジャクソン、「スプリット」でケヴィンを演じたマカボイが同役を続投。

というか映画の予告で「ミスター・ガラス」っていう、アンブレイカブルとスプリットと繋がる映画がやっと…!絶対見る。

シャマラン監督の映画ミスター・ガラス  予告だけだと なんだかアーカムアサイラムにいる セクション8みたいな感じに 見えるけど どんでん返しの予想つかなくて 面白そう disney.co.jp/movie/mr-glass…

◆『チワワちゃん』(1月18日公開)

「ヘルタースケルター」「リバーズ・エッジ」などで知られる漫画家・岡崎京子のコミックが原作の青春ドラマ。

グループのマスコット的存在だったチワワちゃんがバラバラ遺体となって見つかり、昔の仲間たちは彼女を偲ぶが、誰も彼女の本当の姿を知らずにいた。

メガホンを取るのは『MATSUMOTO TRIBE』などの二宮健。『愛の渦』などの門脇麦、『ニワトリ★スター』などの成田凌をはじめ、玉城ティナ、村上虹郎、栗山千明、浅野忠信らが出演している。

『チワワちゃん』を試写にて拝見。童貞や陰キャラばかりが主人公になりがちな日本の青春映画、でも二宮健監督の青春映画にはイケてる人しか登場しない。無理をして必死になって楽しむ、青春が消耗しきるまで。チワワちゃんのような人生、送ってみたかった。共感よりも、悲しくなるほど嫉妬した。

岡崎京子原作映画「チワワちゃん」試写会に行ってきた。面白い。行定監督作「リバーズエッジ」が90年代前半縛りだったのに比べ、縛りもなく自由に脚色していたのが印象的。こっちのほうが「エッジ」がある。

◆『バジュランギおじさんと、小さな迷子』(1月18日公開)

パキスタンの小さな村に暮らす少女シャヒーダーは、母親と一緒にインドのイスラム寺院を訪れるが、帰り道で迷子になってしまう。困り果てた彼女は、ヒンドゥー教の熱心な信者パワンと出会うが……。

『ダバング 大胆不敵』などのサルマーン・カーンが主演を務め、およそ5,000人のオーディションから選ばれた子役のハルシャーリー・マルホートラ、『きっと、うまくいく』などのカリーナ・カプールらが共演。

#バジュランギおじさん と小さな迷子』を試写で鑑賞させていただきました。お人好しのバジュランギが出会った迷子は、対立する隣国の少女だった。母親の元に送り届ける路を次々と絶たれた彼は、自ら国境を越えて行く。強い信念が周りをも変えていく姿に感動@eigaland 様 ありがとうございました! pic.twitter.com/unUHi6IJHm

【バジュランギおじさんと、小さな迷子】試写。エンターテイメントという形を用いながらインドとパキスタンが抱える複雑な問題をクローズアップする。159分という長さを感じさせないのは歌あり踊りあり、時にユーモアを交える話のたくみさ。クライマックスの光景は世界に生きる我々共通の想いである。

◆『夜明け』(1月18日公開)

是枝裕和、西川美和が立ち上げた制作者集団「分福」に所属し、是枝、西川作品で監督助手を務めた広瀬奈々子の監督デビュー作。

1 2