1. まとめトップ

「納骨堂」とは何か・利用するためにどうすればいいか

少子化が進んだことや、都市部に若い世代が集中していることもあり、実家のお墓問題が社会問題となりつつあります。そこで注目されているのが納骨堂です。

更新日: 2019年01月18日

2 お気に入り 1270 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

nagoya_nさん

納骨堂とは何か理解しておこう

納骨堂は聞いたことがあるけれど、実際にどういうものかわからないという人も多いのではないでしょうか。
納骨堂とはどういうものなのか知識を持ちましょう。

■納骨堂とは納骨スペースのこと

納骨堂とは、個人、夫婦といったさまざまな単位でご遺骨を収蔵することができる「納骨スペース」です。室内に設けられていることが多く、ご遺骨を土に還さず「骨壺でそのまま収蔵する」点と、「ひとつの建物の中にたくさんの納骨スペースを備えている」点が、従来のお墓との大きな違いでしょう。

納骨堂はお骨を収める場所と考えておくとわかりやすいです。
納骨堂のスペース内に骨壺のまま安置します。

■一般墓とは何が違うのか

一般的なお墓では、納骨したらそのまま半永久的に、お墓の中へ遺骨が納められています。

一方で、納骨堂は契約期間が過ぎれば納骨スペースから取り出され、他の人の遺骨と一緒に供養されるケースがほとんどです。

通常、人がお亡くなりになると葬儀を行い、荼毘に付し、お墓にお骨を埋葬します。
そこから移動することはありませんが、納骨堂は一定の期間で他の人と一緒に供養される場所に移動することが多いです。

■遺骨を預かる場所から礼拝施設へ

お墓を建てるまで一時的に遺骨を預かるケースが多かったようで、あくまでも先祖の供養は子孫が個別に執り行うのが一般的な方法でした。

しかし現代では、お墓の代わりとなる礼拝施設として用いられています。
納骨堂にもさまざまなスタイルのものがあり、棚型、ロッカー型、仏壇型、自動搬送型などがあります。

これまで納骨堂はお墓ができるまでの一時預かりというイメージで利用されてきました。
しかし今はお墓同様のイメージで利用されています。

魅力ある納骨堂を紹介

子供に迷惑がかからないように、自分が荼毘に付される時には納骨堂へ、と希望する方も多くなっています。
納骨堂は今増えているといわれていますが、やはり供養してもらう場所となるため安心して供養していただける場所を選びましょう。

■広く門戸をひろげている東福院遍照殿

他宗派や特定の宗派を持たない方にも門戸を開いている、心広い納骨堂です。また、納骨堂内は靴のままで参拝でき、エレベーターも完備されているなど、参拝者がお参りしやすいような工夫が各所に見られます。

通常お寺さんは同じ宗派しか利用できないなどの決まりがあります。
しかしこの東福院遍照殿は宗派を持たない人、他宗派でも利用できます。

■期間を決めることなく利用できる新宿御苑前聖陵

閻魔様、奪衣婆像をはじめ、新宿山ノ手七福神の布袋様も祀られており、江戸より多くの信仰を集めている太宗寺境内にございます。 施設は外光を取り入れた明るい室内でありながら、参拝室は重厚な雰囲気でもあります。

供養してもらうなら美しい場所がいいという人におすすめなのがこの新宿御苑前聖陵です。
太陽光が入る室内は常に明るく気持ちがいい空間となっています。

■新しいお墓の在り方を提案する「浅草浄苑」

浅草浄苑の永代供養は、他にはない、確かな安心をお約束いたします。 天候や、暑さ寒さに左右されず、快適にお参りをしていただける。従来の墓所や納骨堂とは全くちがう、新しいご供養のかたちを、ぜひ一度お確かめください。

納骨堂はお天気の悪い時でもいつでもお参りできるという利点があります。
新しいお墓の在り方をを提案してくれる浅草浄苑もおすすめの納骨堂です。

納骨堂が多い理由と利用のメリット・デメリット

納骨堂は今多くなっているといわれています。
なぜ納骨堂が多くなっているのでしょうか。
また納骨堂を利用する際のメリット・デメリットも知識として持っておきましょう。

■納骨堂が多くなっている理由

1 2