1. まとめトップ

見つけたら買い!セブンで人気のPB商品5選!!

さまざまなPB商品を開発するセブンイレブン。同じ商品でも再開発をかさね、クオリティの高いものを発売しています。今回はPB商品のなかでも、評判の高いものを集めてみました。

更新日: 2019年01月10日

1 お気に入り 9652 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

hidemaru3さん

▼『金の食パン 5枚入』

もっちりしっとりとした食感の食パンです。甘さとコクがあり、そのまま食べても口どけのよい食感です。トーストすると香りが引き立ちます。”

素材本来の味わいを引き立てる、さとうきび糖、はちみつ、脱脂濃縮乳を使用し、さらに湯種を加えることで小麦のもつ甘みを引き出しました。そのままでもトーストしても美味しくお召し上がりいただけます。もっちりとした食感を楽しめる5枚切で、贅沢な一枚をお楽しみください。

ひと口食べてみた印象は"ふわふわ系の食パン"。ですが、噛んでいくと適度なねばりけが出てきて"もちもち食感"に変わっていきました!確かに、以前の「金の食パン」よりも弾力のある食感になっていますね!衝撃的だったのは、溶けるような口どけ。もちもち系の食パンは歯茎にくっつく……なんてことも多いですが、この食パンはくっつく前にサラリと溶けていきます。耳まで同じようにサラリ。まるで魔法のような食べ心地です♪

いつも買うセブンのクロワッサンが売り切れてたから「金の食パン」っていうやつを買ってみたけど めちゃくちゃ上手いやないか〜い。上品な甘みがあって。神戸屋のホテル食パンくらいに上手い。また買おう。---◎金の食パン 5枚入 - セブン-イレブン

EVEN&i GOLDの金の食パン【しっとり】を一度食べたらハマっちゃって。5枚入で256円するから結構高いんだけどねー…週末になったらセブンイレブンに買いに走る私

▼『金のワッフルコーン ミルクバニラ』

北海道産生クリームを使った、フレッシュでコクのある味わいのワッフルコーンバニラアイスです。オランダバターと発酵バターを使ったコーンは、風味がありサクサクとした食感です。

発売日当日にも関わらず、ツイッターでは「セブンのワッフルコーンは間違いない」「お店にあるコーン付きのアイス今まで大嫌いやったけど、これいける」など称賛の声が多く寄せられている。

発売18年目にしてやっと登場した「金のワッフルコーン ミルクバニラ」は、アイス部分が明らかに高級感のある上質な味わいへと進化していた。これなら108円の価格差があって当然かもしれない。ぜひ1度お試しあれ。

今日は余りにも暑かったんで、セブンで高価いアイスクリーム買った。味は濃厚なのに後で胸焼けしないのがイイ。だけど、アダ地区のセブンには無かったのに、銀座では山のように売られていた。ちょっと悲しい味がした。金のワッフルコーン ミルクバニラ

話題の「セブンプレミアムゴールド 金のワッフルコーン ミルクバニラ」を食べてみた。うん、おいしい!けど、期待が大きすぎたせいか思ってたよりも普通かも。強いて言うなら、食感が普通のコンビニ系コーンソフトクリームよりもふわふわしてるかな?

▼『北海道産牛乳使用みかんのたっぷり牛乳寒天』

北海道産牛乳を使用した、みかんが入ったシェアサイズの牛乳寒天です。コクのある牛乳寒天とみかんがたっぷり味わえます。

みかん果肉はもちろんシラップ漬。 ほぐしみかんより一房みかんを多く混ぜ込んでありますが、瑞々しくて甘酸っぱい果肉感を楽しめます。従来品と変わらず、コクのあるミルク感があって、まろやかで優しい味わいは健在。手作り感のある昔懐かしい牛乳寒天、キリッと冷やすと美味しさもひとしおです♪

半分くらいいただいたところでお腹がいっぱいになってしまいましたが、もし全部食べられなくても賞味期限に少し余裕があるので安心です。17日のお昼過ぎに購入して、3日後の午後3時までの賞味期限、暑くて足が早くなるものが多い中、日持ちがする分使い勝手もよさそうです。2~3人でシェアして食べるのにぴったりな大容量サイズ、お子さんと食べるにもぴったりの牛乳寒天です。

セブンの牛乳寒天、ちょっと大きいなーって思ったんだけど、ミカンの酸味がちょいちょいやってきてペロリと食べられる。空腹時ならたっぷりサイズもいけそうだ。

セブンイレブンの定番人気スイーツのBIGサイズが登場「北海道産牛乳使用 みかんのたっぷり牛乳寒天」275円(税込297円)☆コクのある牛乳とみかんのコンビは、いくらでも食べられちゃう爽やかな美味しさ これ、チョー大好き✨✨✨

▼『コーヒー R』

セブンカフェは、セブン-イレブン・ジャパンが2013年1月から展開しているコーヒーブランド。SEVEN CAFÉとも表記される。コンビニカフェブランドにおける導入時期ではコンビニエンスストア業界の中で最後発であるが、業界最大手としてそれに火を付ける形で、「コンビニエンスストアでコーヒーを買う」という新たな消費行動を根付かせた

2017年度は年間販売数量が10億杯を突破する見込みで、リニューアルにより、2018年度は11億杯を販売する計画だ。発売初年度の2013年は4億5000万杯、2014年度は7億杯、2015年度は8億5000万杯、2016年度は9億杯を販売し、現在、既存店で1店1日あたり130杯を売り上げる基幹商品に成長している。

一番のポイントは豆の増量。従来より約1割豆を増やし、香りとコクを高めたとのこと。値段は据え置きでホットコーヒーレギュラーサイズが100円です。他にも、豆のブレンドを見直し。焙煎方法を、2種の焙煎の組み合わせから3種の焙煎を組み合わせるトリプル焙煎にグレードアップ。コーヒーマシンの「蒸らす」工程を長くすることで、よりリッチな味わいに進化したとのことです。

おはようございます。今日はこれから区役所へ。その前にセブンコーヒーで一息。皆さん熱中症対策は早めに取りましょう!

▼『もち麦もっちり!梅こんぶおむすび』

1 2