1. まとめトップ
  2. エンタメ・カルチャー

ワンピースがまさかの…伝説に残る名作漫画の最終回とは!?

「ONE PIECE」に「進撃の巨人」…人気漫画の最終回が徐々に明らかに…!間違いなく波紋を呼びそうなその内容とは?一方では以前にも物議を醸した最終回があった!?「代表人」、「バジリスク」は読んどくべし。一人でも多くの人に伝えたくてまとめてみました!

更新日: 2019年01月10日

11 お気に入り 61922 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

想像を絶する最終回…読んでいない人は損しているかも?

critical_phyさん

衝撃的すぎる…「ONE PIECE」作者が語った最終回が話題に!

今や国民的漫画に成長し、現在91巻まで刊行されている『ONE PIECE』。今回、フジテレビでアニメが放送されてから今年で20周年、さらに尾田氏が明石家さんまの大ファンということもあり、初めて彼の仕事現場や自宅にカメラが。

最終回に手にする秘宝“ワンピース”は「家族の絆」だと思っているという明石家さんまの予想を、「違います。そういうの、僕嫌いなんです(笑)」と、あっさりと否定した。

さんまから「何巻までいく?」と尋ねられると「考えたくないです本当は」としながらも「100はちょっと超える」と明かしていた。

実は最終回の一部が公開されている…「進撃の巨人」が見逃せないぞ!

人間が次々と巨人に食いちぎられるという残酷で強烈な描写と、独特な世界観のストーリーで読者に大きな衝撃を与えた漫画『進撃の巨人』。

ひたすら続く絶望感と登場人物の人間模様が話題を呼び、アニメ誌だけではなく一般紙やメディアでも随時特集を組まれ、社会現象を巻き起こしている。

「文明の破局を経た退行後の世界」か、「完全な架空の世界」であるのかも明確にされていない。

最後のコマというのは、エレンとおぼしき人物が、赤ん坊を抱いて「お前は自由だ……」という言葉を呟いているもの。子どもの母親はミカサなのかヒストリアなのか? 果たして、どのようにして完結するのか? さまざまな考察がネット上で沸騰している。

「今はちゃんと完結させられるかどうかっていうところにプレッシャーというか責任を感じていますね」

悩み葛藤しながら果たして諫山氏はこの大ヒット作品にどのような最後を用意するのか?

ここ最近の進撃の巨人、毎月別冊少年マガジンを読むたびに悲鳴を上げている。最終回まできっと悲鳴をあげ続ける展開なんだろうな〜〜謎もどんどん解けていって、世界一目が離せない漫画になっている…!

やばすぎる…「喧嘩稼業」木多康昭先生が残したカオスな最終回とは?

「最強の格闘技は何か!?」誰もが知りたかったこの命題に、今、答えが示される―――!! ”我こそが最強”と名乗りを上げた16人の格闘家によるビッグイベント‥‥その名は”陰陽トーナメント”!! 。

『喧嘩商売』から3年の時を経て、最強高校生・佐藤十兵衛が、ついに帰ってきた!!。“陰”も“陽”も欺く喧嘩、リングの上でお見せします♡

作画にはコンピュータグラフィックスが取り入れられている。単行本には、本掲載時より大幅に加筆されていることが多く、また巻末には、作者のアシスタントや担当編集者をネタにした描き下ろし漫画も掲載される。

「某アイドルユニットを脱退したメンバーが宇宙飛行士になる夢を追っていたが、脱退したアイドルユニットのメンバーが自分より先に宇宙飛行士になるという現実に激怒し宇宙船を乗っ取ったため、それを解決すべく各都道府県の代表人が集結する」というシナリオ。

はじめからどういうことかわからない展開w

12話で連載が終了。最終的に全部ぶん投げて作者の悲痛な叫び?で締めくくられた。未単行本化で封印されてもおかしくない一作。単行本化されたことだけでも喜ぶべきだろう。

ツボにはまると、もう笑い声が止まらなくなると思うので、是非一度読んでみる事をおすすめします。ちなみに、ギャグの他に、「大人の事情」と言うネタがあり、その「大人の事情」について、考えさせられたりもしました。

木多康昭先生の「代表人」が発掘された。SMAP亡き今、絶対に再版されないだろうな…。 pic.twitter.com/Z3p0IhYKRM

古本屋で見つけたら買うべし!

悲しいけど美しすぎる最終回…「バジリスク」を要チェック!

江戸の世、天下人・徳川家康は甲賀と伊賀という忍法の二大宗家を相争わせ、十人対十人の忍法殺戮合戦の結果どちらが生き残るかによって、三代将軍の世継ぎ問題を解決させることにした。

現代の様々な作品においても散見される「超人的能力者同士による団体戦」という構図を広めた作品であるとされる。

迫力のある画と魅力的な人物描写で人気となり、第28回講談社漫画賞の一般部門を受賞。そして、このコミック版をもとに、翌2005年にはテレビアニメ化もされました。

1 2