1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

寒そう…大宮駅のホーム下で寝泊まりしていた専門学校生が逮捕

駅のホーム下で寝泊まりしていた専門学校生が逮捕されるというニュースが入ってきました。

更新日: 2019年01月11日

3 お気に入り 19460 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

信頼のおける情報を元に作成しています。

■大宮駅のホーム下から男性が見つかった

JR大宮駅(さいたま市大宮区)のホーム下のスペースに侵入したとして、大宮署は9日、建造物侵入の疑いで、県内の専門学校2年の男(20)=久喜市古久喜=を逮捕

JR大宮駅の駅員から「ホームから煙が出ている」と119番通報がありました。警察と消防が駆けつけたところ、12番線のホームの下の空洞で火が使用された跡と、その近くに座っている男が

当初、男は警察官の問いかけに何も答えなかったということで、警察はいったん病院に搬送したあと、ホームの下に勝手に入った建造物侵入の疑いで9日夜、逮捕

■ホーム下のスペースで寝泊まりしていたという

小暮容疑者は12番線側から侵入したとみられるという。ホーム下と線路の間には壁があり、駅利用者が、空間の存在に気付くことはほとんどない。

男は、容疑を認め、「就職で悩んで家に帰りたくなかった」「ホームの下で寝泊まりしていた」などと供述している

■いや、寒くないの?

これの事かな? いやいやいや…そんな寒いところで寝泊まりしてないでちゃんど帰ろうよぉ #take1134 大宮駅ホーム下を「住み家」に 侵入容疑で20歳専門学校生逮捕 - 毎日新聞 mainichi.jp/articles/20190…

大宮駅ホーム下で寝泊りか、専門学校生を逮捕 この寒い時期にホーム下ってキツすぎるだろうに… news.tbs.co.jp/sp/newseye/tbs…

大宮駅のホーム下で暮らすのは、寒いだろうな。深夜に駅ナカ店舗には入り込めない構造かな?

■寒さと「ボヤ」の関係性もあるのかないのか

午後の1時過ぎ、ホーム下の角材やゴミ袋が焼ける火事が発生し、そこに消防隊員らが駆けつけた

燃えたのは角材やごみで、約45分後に鎮火した。同署は男がホーム下にいた経緯や火災との関連についても調べている。

■動機は「就活の悩み」だった。昨今、就活へ不安を感じている学生が多いという

就職とは人生の中における大きなイベントであるばかりではなく、学生にとっては自分の今後を左右する人生における意思決定を自ら下さなければならない最初のイベント

今年の就活生は例年以上に多くの不安を抱えており、中には必要以上のストレスにさらされている人も多い

社会人になること自体に不安を覚えるという人も少なくありません。そういった人では、就活に消極的になり主体的に取り組めないため就活に失敗してしまうケースが多々ある

■「失敗=人生終了」と考えてしまうケースも

就活生の多くが「就活・失敗」とインターネットで検索したことがあるのではないでしょうか。そして、予測変換で「人生終了」と出てくることもしばしば

不安・ストレスを感じた原因として一番多かった「なかなか内定が出ず、終わりが見えないと感じたとき」。

1 2