1. まとめトップ

長尾たかし・自民党衆議院議員が常軌を逸した反韓ヘイト扇動してて批判殺到→弁解

長尾敬・内閣府大臣政務官/自民党衆議院議員が常軌を逸した反韓ヘイト扇動してて批判殺到炎上してる件をスルーせず記録。→長尾氏が弁解ツイート。

更新日: 2019年03月20日

2 お気に入り 5978 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

hiraoyogiさん

トンデモで有名な長尾さんですが

こんなツイート

一般論として、内戦などで危険な国へは渡航制限がなされます。 今の韓国の様に、常軌を逸した国へ渡航した場合、日本人が何をされるかわかりません。 感情だけで理が通じない。協議や法の支配、倫理、道徳も通用するとは思えない。 先ずは、日本人の韓国への渡航を控えるなど出来る事はある筈です。

@takashinagao こういうネトウヨ国会議員がいる日本に韓国人が渡航する方がよっぽど危ないわな。 twitter.com/takashinagao/s…

@takashinagao 日本には韓国籍の方々も暮らしているのに、国会議員がその様な発言をするのは異常です。

@takashinagao まず長尾先生ご自身が、霊感商法などで散々日本人を食い物にしてきた韓国発のカルト統一教会との関係について有権者に公に謝罪し、今後関係を断つことから始めるべきではないでしょうか。 勇気を持って決断してください。 pic.twitter.com/KnNfEsSzxp

“「旧統一教会」関連団体と佐藤正久・自民党参院議員”など自民党・保守派と統一教会関連
https://matome.naver.jp/odai/2149312280449959101

@takashinagao 外務省の渡航情報など事実に基づいて発言すべきである。事実と違うようなら、外務省に変更を言える立場では? anzen.mofa.go.jp/info/pcinfecti… #韓国 #渡航情報

@takashinagao 常軌を逸しているのは、この自民党国会議員のツイート↓だろう。 https://t.co/deCvwhTw27

@takashinagao 常軌を逸しているのは、こんなデモが休日の繁華街で行われる日本の方じゃないの?まったく倫理も道徳もないよね。そしてあなたたち自民党を支えているのは、こんなオッサンなんだよね。 pic.twitter.com/EU0V7Ujl1B

さて、久しぶりに韓国に遊びに行くかな。日本とはまた違った美しい風景いっぱいあるし。韓国時代劇ロケ地巡りめちゃめちゃ面白いし、韓国料理もおいしいし。 https://t.co/2n7BznyaV6

現在、韓国に出張で滞在中です。特に何の問題もありません。私が韓国語を話せればもっと楽しかったのに、と思っているところです。 https://t.co/iPBDKUlPbP

ここしばらく、韓国って日本人の訪問先トップ3にずっと入ってるんだよね。それで「何をされるかわかりません」だとよ。「理が通じない」「倫理、道徳も通用するとは思えない」って、まさにお前のことじゃねぇか。ひたすら有害。国恥。 https://t.co/HiDor7UGni

多くの日本人が週末に美味いもん食いに出かけるってレベルで気軽に韓国旅行を楽しんでたりする”現実”を前にこれってもはや常軌を逸してる。https://t.co/6P2agit1q7

長尾たかし「韓国はもはや友好国ではない!日本は断固とした対応をすべき」 ↓ 私「お前はまず、統一教会との関係を断ち切れよ」 ↓ 長尾たかし 「ブロック!」 3コマ漫画かよwww pic.twitter.com/AhmKMYqMkd

日本の常軌を逸した反韓マジやばい。 長尾たかし・自民党衆議院議員が常軌を逸した反韓ヘイト扇動してて批判殺到してる件 - NAVER まとめ matome.naver.jp/odai/215471839…

てかこの人、政務官じゃん。「内閣府 大臣政務官」cao.go.jp/minister/ 日本政府じゃん。日本政府の常軌を逸した反韓マジやばい。 長尾たかし・自民党衆議院議員が常軌を逸した反韓ヘイト扇動してて批判殺到してる件 - NAVER まとめ matome.naver.jp/odai/215471839…

大阪14区の有権者の皆さん、こういうしょうもない議員は次の選挙で落としてください。 長尾たかし・自民党衆議院議員が常軌を逸した反韓ヘイト扇動してて批判殺到してる件 - NAVER まとめ matome.naver.jp/odai/215471839…

そして

前の投稿に関し、私がただ韓国内が危険だと言っているかのような歪曲をしてコメントをされる方々がいらっしゃいます。常軌を逸した韓国によるレーダー照射行為で、自衛官の命が危険に晒された事実があり、今後何をされるかわからない、という意味ですので、念の為。

1 2 3