1. まとめトップ
  2. エンタメ・カルチャー

ひょっとしてあの人も!?ヒロイン集結『あなたの朝ドラ大特集』が楽しみ

4月から放送の朝ドラ100作目となる広瀬すず主演『なつぞら』。同作の番宣も兼ね、人気番組「チコちゃんに叱られる!」とコラボした「あなたの朝ドラ大特集」が3月29日に放送決定。番組には歴代の朝ドラヒロインが集結。NHK会長は『あまちゃん』推しだけに、能年玲奈(のん)も期待できる!?

更新日: 2019年03月24日

8 お気に入り 14695 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

aku1215さん

◆民放ドラマ低迷の中、20%前後の視聴率を誇るNHKの朝ドラ

NHKの朝ドラはずっと絶好調である。民放の連ドラが二桁の壁に苦しんでる横で、20%台を軽々とクリア。

朝ドラは毎週月曜日から土曜日の朝8時(地上波)から放映される15分間番組です。毎週日曜日の20時から放映される大河ドラマと並んで、NHKドラマの看板番組の1つとして広く知られています。

作品毎に多少のムラがあっても、それを飲み込んでアベレージを保てるのは、長年に渡る朝ドラの“習慣視聴”の賜物である。

◆かつては30%台は当たり前 50%を超える『おしん』も

1970年代は平均視聴率が軒並み40%を超えました。そして、1990年代前半までも30%を超えるのは当たり前。

『おしん』は、1年間の平均視聴率52.6%、最高視聴率62.9%(11月12日)という驚異的な数字を記録。一大ブームを巻き起こした。

1983年

◆低迷期を経て「朝ドラ改革」で復活 現在のブームに至る

歴史を振り返ってみると、平成前期は視聴率30%台が当たり前だったが、中期から不振となり、放送時間を15分早め、有名女優を起用するなど、改革。

2010年以降の朝ドラの人気を高めたのは、内容そのものや時間帯の変更のみならず、「一人ではなく、みんなで楽しむ」といいスタイルが確立されたことも大きく影響している。

Twitterなどの活用で視聴者同士(時に制作側とも)がつながるようになった

◆そしてついに朝ドラも100作目 広瀬すず主演『なつぞら』

大森寿美男の脚本によるオリジナル作品で、「連続テレビ小説」100作目に当たる。

戦争で両親を失った少女・奥原なつ(広瀬すず)は、北海道・十勝の大地と開拓精神にあふれた強く優しい大人たちに囲まれて育つ。やがてたくましい女性へと成長したなつは、草創期のアニメーションの世界へ踏み出していく。

◆豪華俳優陣をキャスティングして力を入れている

『なつぞら』出演キャスト

朝ドラ主演経験者の『おしん』小林綾子(前列右端)と『ひまわり』松嶋菜々子(前列中央右)

メインキャストには、岡田将生、草刈正雄、松嶋菜々子、藤木直人、清原翔、福地桃子、小林隆、俳優集団D-BOYSの山田裕貴、吉沢亮、小林綾子が名を連ねている。

北海道を拠点に活動する人気演劇ユニット TEAM NACS から音尾琢真、安田顕、戸次重幸が出演する。

内村光良が、2019年度前期連続テレビ小説「なつぞら」(NHK総合)の“語り”を務めることが12月31日に発表された。

◆そんな『なつぞら』の放送直前に『あなたの朝ドラ大特集』を放送

NHKの上田良一会長が、今年4月放送開始の第100作朝ドラ「なつぞら」放送直前に同局の人気番組「チコちゃんに叱られる!」とコラボした特集番組「あなたの朝ドラ大特集(仮)」(3月29日放送。後7・30)を放送することを発表した。

1 2