1. まとめトップ

メイウェザーからPayPayまで…年末年始のあの話題の”その後”

2018年末から2019年始にかけて話題になった企画。その後の様子がとんでもないことに…

更新日: 2019年01月12日

2 お気に入り 1543 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

祭りのあとはどんな様子なのでしょうか…

nyokikeさん

▼格闘技イベント「RIZIN」のメインイベントだったメイウェザーvs那須川天心

格闘技イベント「RIZIN.14」(さいたまスーパーアリーナ)は31日、ボクシング元5階級制覇王者のフロイド・メイウェザー(米国)がキックボクシングの“神童”那須川天心(TARGET)とのエキシビジョンマッチで1回2分19秒でTKO勝ち。

あっという間だったなあ ダメージやメンタルはもう大丈夫です! めちゃくちゃ元気です また頑張ります!! pic.twitter.com/ZkULCynaFY

5キロ以上の体重差、キック禁止のルールと那須川にハンデが多い試合方式、メイウェザーの10億円近いファイトマネーなどが賛否を呼んだが、海外メディアも「ほとんど仕組まれたかのように見えた」と皮肉をもって伝えている。

・その後、メイウェザー選手は高級車2台を購入し、高級時計のコレクションも披露

元世界5階級制覇王者のメイウェザーが2日、インスタグラムのストーリー機能で、日本の1万円札の札束を車の助手席に無造作に置く動画をアップした。 試合はメイウェザーが1Rで3度のダウンを奪い、2分19秒でTKO勝利。本当に約9億8千万円のファイトマネーであれば、1秒で約705万を稼いだことになる。 pic.twitter.com/rUyvoUP5uk

昨年大みそかにエキシビションマッチで格闘家・那須川天心(20)=TARGET=から3度のダウンを奪い、1回TKO勝ちしたプロボクシング元世界5階級王者フロイド・メイウェザー(41)=米国=の試合後の映像を紹介した。

映像ではエキシビションマッチで10億円のギャラを得たとし、試合の2日後にベンツのゲレンデヴァーゲンとロールスロイス・カリナンの2台を計2億7000万円で購入したという。

さらに映像では、運転席に札束が投げ出されておりデーブ氏は「1万円の札束が無造作に置かれるなど豪快すぎる金の使いっぷりは何かと話題になっています」と紹介し「庶民的でいいよね」と笑っていた。

「僕がバケーションに出る時は…。30日間外に出る時は30個の時計が僕のそばにある。どれがいい?」と説明。毎日時計を付け替えるようだ。

さらにさらにもう一つの箱を開けると、さらに10個。「もし10日間延長になるのなら10の時計をさらに持っていく。持っていくのはこれだけじゃない。見てくれ。1800万ドルの時計だ」と続け、とっておきの逸品を取り出した。

別の箱に一つだけ入っていたのは、特大のダイヤモンドが散りばめられた珠玉の逸品だ。価格はなんと1800万ドルだという。那須川との試合では900万ドルのファイトマネーを得たと言われているが、それだけでは到底足りない。まさに億万長者の腕時計だ。

投稿は再生回数が増え続け、公開から10時間で430万回を突破。

・一方、那須川天心選手には様々なオファーが集まっていました

格闘技に造詣の深い原監督は、キック禁止という相手寄りのルール、5キロ以上の体重差などのハンデを踏まえ、「勝敗うんぬんでなく、あのルールの中でよくぞ、最初は五分の状態で拳を合わせにいったなと驚いたね。昔の武士って、ああいう風に戦ったのかなと思った。俺は胸を張ってほしいね。見事な戦いざまだった」とたたえた。

さらに「コテンパンにやられたけれど、相手はとてつもないよ。すげえパンチだったな。かすっても吹っ飛んだから。そこに勇猛果敢に立ち向かっていった彼の姿というのは、大和魂なのかなと思わせるよね。素晴らしいファイターが世界にデビューしたということよ」と熱弁。

米ボクシング界の新星ライアン・ガルシアさんが那須川天心に対戦要求「彼は日本の新星で、オレも同じだ。戦いたいね!」 sedori.space/kakutougi/?p=7… pic.twitter.com/PCcWQCjJtD

大物プロモーターのオスカー・デ・ラ・ホーヤ氏の秘蔵っ子で、WBC世界スーパーフェザー級8位の20歳のプロスペクト、ライアン・ガルシア(米国)は米メディア「TMZスポーツ」の直撃取材を受けると、次戦の相手に「Tenshin Nasukawa」を指名していた。

「テンシン・ナスカワと戦いたいのか? Bring it on!(かかってこいや!)テンシンは日本のライジングスターだから、自分との戦いには意味があるんじゃないかな。彼は日本の新星で、オレもここ(米国)では同じだ。戦いたいね!」

「俺は400万ドルで戦う。400万か500万ドルだね」。米ボクシング界の新星の目当てはやはり報酬なのか。破格のファイトマネーを目論んでいた。メイウェザーだからこそ実現した高額のファイトマネーだが、海外の格闘家の間では那須川と対戦すれば高額の報酬が得られると認識しているのかもしれない。

マクレガーに続き、那須川天心に挑戦状を送ったライアン・ガルシアのミット打ち動画 pic.twitter.com/dA04LpmKEy

コナーマクレガーが天心とMMAでエキシビションマッチを東京でやりたいってさ!天心ボコられると思うけどこのカード見たい! pic.twitter.com/J9CeIexaza

那須川天心の名前はFloyd Mayweather(フロイド・メイウェザー)との対戦により、瞬く間に世界の格闘界へと浸透した。先日はかつてMayweatherと拳を交えた「UFC」のConor McGregor(コナー・マクレガー)からも対戦の申し込みがあり、日本の神童へ対する注目度は一段と上昇している。

Dear Mr. McGregor. @TheNotoriousMMA Thank you very much for remembering my name. I’m honored that you would even consider fighting me. 58kg, kickboxing rules would probably get us in the ring sometime in the near future pic.twitter.com/BTgVVnwXLA

【自動翻訳】親愛なるミスター・・・@TheNotoriousMMA私の名前を思い出していただきありがとうございます。私はあなたも私と戦うことを考慮することを光栄に思います。

58kg、キックボクシングのルールは、おそらく近い将来にリングで私たちを取得します

▼「100億あげちゃうキャンペーン」が話題だったモバイル決済サービスのPayPay

モバイル決済サービスのPayPayは、12月4日から「100億円あげちゃうキャンペーン」を実施し、わずか10日間で100億円を使い切るほどの注目を集めました。

1 2 3