出典 ja.wikipedia.org

中空軸平行カルダン駆動方式

モーターは輪軸に平行配置して台車枠に支持されており、モーターの電機子軸を太めの中空軸とし、その両端にたわみ板継ぎ手を装備して、中空軸の中に一本の駆動軸(ねじり軸と呼ばれる)を通す構造となっており、動力の伝達は、中空軸→モーター出力軸の反対側のたわみ板継ぎ手→中空軸の中の駆動軸→モーター出力軸側のたわみ板継ぎ手→小歯車と伝達される。

この情報が含まれているまとめはこちら

日本国有鉄道史 新性能電車の幕開け 第1話

昭和30年代は、電車が大きく発展した年代でもありました。昭和27年頃から電車に導入が始まったカルダン駆動車は、私鉄から導入され始め、国鉄では昭和32年のモハ90【後の101系】誕生まで待たねばなりませんでした。

このまとめを見る