出典 ja.wikipedia.org

WN継ぎ手方式

駆動系全体は電動機を車軸と平行に台車枠に固定し、小さな偏位を許容する「WN継手」(歯車形たわみ軸継手とも言う)を介して電動機の出力軸と駆動歯車を接続する。日本では主電動機の荷重を全てばね上の弾性支持とした、 wiioedia参照

この情報が含まれているまとめはこちら

日本国有鉄道史 新性能電車の幕開け 第1話

昭和30年代は、電車が大きく発展した年代でもありました。昭和27年頃から電車に導入が始まったカルダン駆動車は、私鉄から導入され始め、国鉄では昭和32年のモハ90【後の101系】誕生まで待たねばなりませんでした。

このまとめを見る