出典 ja.wikipedia.org

吊りかけ駆動方式

長所

上記の通り、モーターが輪軸に直接吊り掛けられている構造となっているため、振動が発生しても、モーターの駆動軸が輪軸を中心とする円上を移動するのみで、輪軸の歯車とモーターの歯車の距離が変化することがない。
構造が簡単である[2]。
製造コストが安い。
大型モーターにも対応しやすい。
最小限の構成であるため、スペースに制限のある狭軌鉄道でも使用しやすい。

この情報が含まれているまとめはこちら

日本国有鉄道史 新性能電車の幕開け 第1話

昭和30年代は、電車が大きく発展した年代でもありました。昭和27年頃から電車に導入が始まったカルダン駆動車は、私鉄から導入され始め、国鉄では昭和32年のモハ90【後の101系】誕生まで待たねばなりませんでした。

このまとめを見る