1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

辺野古埋め立てで話題…「サンゴ礁」保護が必要な理由

沖縄県で進められている辺野古埋め立てに関して、安倍首相がサンゴの移植についてテレビで事実と異なる発言をし批判を浴びています。タレントや海外著名人のサンゴ礁保護の発言も度々話題になるなど、注目度の高いこの問題。なぜ、サンゴ礁を守る必要があるのでしょうか?

更新日: 2019年01月12日

7 お気に入り 3170 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

安倍首相、「辺野古のサンゴ礁は移した」とTVで発言

日曜討論 2019.1.6 ウソ放送 安部総理大臣 土砂を投入していくにあたってですね、あそこのサンゴについては、これは移しております。 希少生物は他の海に移してるところです。 辺野古の珊瑚や海洋生物を他に移す作業をしながら土砂投入しているそうです。国のトップが大嘘つき #Okinawa #Henoko pic.twitter.com/Rv6SmIvgVj

1月6日放送のNHK「日曜討論」で、安倍首相が事実と異なる発言をし問題となっています。

米軍基地移転に向けて海の埋め立てが進む沖縄・辺野古について、安倍晋三首相がサンゴは移植したとNHKの日曜討論で発言して、驚きの声が上がっている。

環境への配慮を打ち出す狙いがあったとみられるが、実際に移植したサンゴは土砂投入が進む区域の外にあった9群体のみ。

「あそこのサンゴ」は移されていませんでした。沖縄県水産課などによれば、埋め立て予定海域全体では約7万4000群体のサンゴの移植が必要ですが、このうち沖縄防衛局が移植したのは絶滅危惧種のオキナワハマサンゴ9群体だけで、どれも今回の土砂投入区域にあったサンゴではなかったのです。

サンゴの移植や保護が終わっているかのように受け取れる首相の発言を受け、沖縄県の玉城デニー知事は「現実はそうなっていない」と指摘。国民民主党の玉木雄一郎代表も記者会見で「いかなる根拠と事実に基づいて発言されているのか明らかにしたい」と追及する構えを示した。

@yurikalin 安倍総理…。 それは誰からのレクチャーでしょうか。現実はそうなっておりません。だから私たちは問題を提起しているのです。

安倍首相の事実誤認ともとれる発言に、沖縄県知事も反応。

この発言は辺野古新基地建設のための土砂投入を正当化するために、安倍首相がまたもやウソをついたということです。意識的についたウソであるかどうかははっきりしませんが、ある種の印象操作を行う結果となったことは明らかです。

辺野古のサンゴ礁は以前から注目されていた

辺野古には沖縄でも規模の大きい良好な藻場があり、大浦湾内には多くの種類のサンゴの生息が確認されています。

どんどん護岸工事が進み、辺野古側の埋立海域は、開口部50メートルを除き、ほぼとじられてしまっており、その中にサンゴが取り残されている状況です。

しかし、当初の約束では、工事の前にサンゴは移植されるはずでした。

サンゴが移植されないまま、工事が進められているようです。

米軍普天間飛行場の移設に伴う名護市辺野古の新基地建設で、県民投票が行われるまで埋め立て工事を中止することを求めるホワイトハウスの請願署名で、英ロックグループ、クイーンのギタリストで天文学者のブライアン・メイさんがSNSのインスタグラムとツイッターで署名への協力を呼び掛けている。

URGENT !!! URGENT !!! PLEASE SIGN THIS PETITION to save a beautiful coral reef and irreplaceable eco-system, threatened by USA extending an airbase. Bri https://t.co/CyXjTbObeu

ホワイトハウスへの署名を呼びかけるブライアン・メイさんのツイート。

ローラは2018年12月18日にインスタにて普天間飛行場を辺野古へと移設する工事中止の請願書への署名訴えをし大きく話題に。

その前にはタレントのローラさんも自身のインスタグラム・ストーリーズで署名を呼びかけていました。

植物みたいなのに動物!? そもそも「サンゴ」とは

サンゴは樹木のように枝分かれしているものもあり、一見、植物のように見えるのですが、実は動物です。

腔腸(こうちょう)動物ともいわれ、食べ物と排泄物が同じ口から出入りする体の構造となっています。

海の花畑と形容されるサンゴですがサンゴは立派な動物であり餌を捕食することもありますし、産卵を行うこともあります。

また、褐虫藻という植物性プランクトンを体の中に育てている種類もいます。

地球上にサンゴ礁が必要な理由

サンゴ礁の周囲には豊かな生態系が育まれています。

サンゴ礁は多様な生きものたちのすみかであるとともに、漁業や観光の資源としても有用で、私たちの生活を支えてくれる大切な存在です。

サンゴ礁は海の中で最も多くの生き物がすむといわれていています。

世界の海に生息する50万種の動物のうち4分の1はサンゴ礁域に暮らしているといわれています。

サンゴが死滅すればサンゴ礁が崩壊し、これだけ豊かな生き物も絶滅するしかない。

サンゴ礁か顔を出すウツボ。

サンゴは光合成をしています。
サンゴは木と同様に二酸化炭素を吸収して、酸素を排出するのです。しかも、その量がなんと木の6~16倍!地球の温暖化を防ぐのに、一役も二役もかってくれているのです。

1 2