1. まとめトップ
  2. レシピ

使う部位で味変わる?「大根」を美味しく食べる簡単レシピ12選♪

寒い時期にはみずみすしく甘みを増す大根。大根に含まれる消化酵素が消化を促進して胃腸を整えてくれる効果があると言われています。今回は「大根」を使って美味しくいただける簡単レシピを部位別に紹介します。

更新日: 2019年01月12日

31 お気に入り 6866 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

寒い時期にはみずみすしく甘みを増す大根。大根に含まれる消化酵素が消化を促進して胃腸を整えてくれる効果があると言われています。今回は「大根」を使って美味しくいただける簡単レシピを部位別に紹介します。

冬野菜は鍋にも、煮物にも美味しいですよね~

12月から2月までが旬の野菜には、お鍋に入れておいしい野菜や、お味噌汁の具にしてもいい野菜が揃っています。

この時期の「大根」は水分が豊富で甘みも増すので料理に最適!

品種改良が進み一年を通じて手に入れることができるが、寒い時期のほうが、甘みがありみずみずしい。

でも大根は部位によって食感や味が変わるというのを知っていました?

場所によって味や水分量、食感が違うので、上・中・下部分で使い分けると料理がよりおいしく仕上がります。

今回は部位別に「大根」を美味しくいただけるレシピを紹介します。

●まずは最も甘みがある葉に近い「上」部分

この部分は甘みだけでなく、水分が多くみずみずしいので、サラダや野菜スティックなど生で食べるのに向いています。

◆鶏キムチ~おろしポン酢のせ~

材 料(2~3人分)
鶏もも肉1枚
A 酒大さじ1
A 片栗粉大さじ1
A しょうゆ小さじ1
A おろしにんにく小さじ1
白菜キムチひとつかみ(汁も使います)
大根おろし10cm分
ポン酢お好みで
小ねぎ飾りに少々

https://recipe.rakuten.co.jp/recipe/1330002559

こってり豚キムチを鶏で作りました。こってりした中におろしポン酢でさっぱりと♪ご飯との相性も抜群!です。

◆野菜がたくさん食べれる♪バーニャカウダ

材 料(2-3人分)
にんにく1玉
アンチョビ1缶
オリーブオイル90cc
牛乳200mlぐらい

【お好きな野菜】
きゅうり一本
パプリカ半分
大根5cm
人参1本

https://recipe.rakuten.co.jp/recipe/1260010420

◆大根シャキシャキサラダ

材 料(2人分)
大根(上の部分)5分の1カット
レタス5~6枚
キャベツ2~3枚
トマト4分の1個
かつおぶし少々
海苔(細く刻む)4分の1カット分
白ゴマ少々
☆醤油大さじ2
☆すし酢大さじ2
☆サラダ油大さじ2

https://recipe.rakuten.co.jp/recipe/1100005569

大根は細い千切りに。氷水にさらしてシャキシャキの食感を出します。

◆大根大量消費,簡単/もっちり大根もち◆ヘルシー

材 料(3人分)
大根1/2本(約200g)
上新粉100g
ウェイパー(鶏ガラスープ)大さじ1/2~大さじ1
あみえび or 小海老適量(今回は3つまみ)
ベーコン1/2~1枚
キクラゲ1~2枚
胡麻油適量(1回し)
小ネギ少々(1掴み)
お好みのつけだれ(お勧めはポン酢+ラー油)

https://recipe.rakuten.co.jp/recipe/1220019051

●次に柔らかさ一番の「真ん中」部分

1 2