1. まとめトップ

行ってみよ、今日は初虚空蔵(はつこくうぞう)だよ。

みなさ~ん、虚空蔵菩薩ってごぞんじですかあ?知恵と名声を授けてくれるそれはそれはありがたい菩薩様なんですよ。で、その縁日が13日。つまり1月13日は初虚空蔵ってことです。これはもう行くっきゃないっしょ。

更新日: 2019年01月14日

1 お気に入り 63 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

時の移り変わりを、季節の行事から感じることは難しい。油断してると時間はあっという間に過ぎていくもんだからね。日々を丁寧に過ごしたいと思う、そんなかのえうまのまとめ

知恵を得て名声をあげることを願うなら虚空蔵菩薩!

初虚空蔵
1月13日は、年が明けて初めての「虚空蔵菩薩(こくうぞうぼさつ)」の縁日であることから、「初虚空蔵」です。虚空蔵菩薩は、悟りを開くための方法や心理を見極める認識力のある智慧の仏様として信仰を集めています。虚空蔵菩薩が祀られている寺院には、そのご利益をいただこうと、多くの参拝者が訪れます。

正月十三日、虚空蔵の初縁日に参詣すること。虚空蔵菩薩は、知 恵、福徳、音声を授ける菩薩で、縁日は毎月十三日。京都法輪寺 の十三詣は、この縁日にちなんだ呼び名。法輪寺の嵯峨虚空蔵、 村松虚空蔵(茨城)柳津虚空蔵(福島)は、日本三大虚空蔵である。

初虚空(はつこくう)虚空蔵(こくぞう)は毎月十三日が縁日で、正月十三日を初慮空という。虚空蔵は虚空蔵菩薩の尊称で呼ばれる。虚空蔵菩薩は、智響を備えた御仏で、参詣すると叡知を授かると信じられ、受験生の参拝も多い。

さらに「智恵と福徳」の仏様で、智恵の欲しい者、人々から愛されたい者、名声を上げたい者は、虚空蔵菩薩の真言を唱えれば願いが叶えられると記されております。(智恵・記憶をつかさどる菩薩であり、空暗記・空んじるの語は虚空菩薩の空からきている)
また「縁結び」「良縁成就」にも大きな力をもたらすとしても評判です。

1月13日は、初虚空蔵。全国の虚空蔵菩薩を祀った寺では、今年最初の縁日となります。最高級バージニア葉を使用した高級たばこ「ピース」が発売されのが昭和21年の1月13日。室町幕府終焉、戦時下に起きた三河地震も今日。日米修好通商条約の批准書を交換するため咸臨丸がアメリカへと品川を出帆したのも今日です。

1月13日は、たばこの日でもあります。

あわせて読んでみて▽

1