1. まとめトップ

法政大学高校の偏差値や倍率と評判は高い?合格最低点や推薦基準の内申点は?口コミや校風、教育方針

法政大学高等学校の偏差値や難易度はどれくらいか?倍率や合格最低点、推薦基準の内申点はどうなっている?評判や口コミ、校風と教育方針について書いてみました。

更新日: 2019年01月15日

0 お気に入り 21 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

denkiirukaさん

法政大学高等学校の校風や偏差値は?

校舎には美しい植栽に彩られた南門、最新のデジタル機器をそろえたマルチメディア室、やわらかな自然光をとりいれた図書館や開放感あふれる食堂など設備が充実している。

確かな学力と学習習慣を着実に身につけるためのカリキュラムを、中・高それぞれの段階に応じて設けている。中学では英数国に力を入れ、基礎学力と学習習慣を育成する。

高校では大学進学や将来を見据え、文系・理系の枠にとらわれない幅広い視野と豊かな教養を育成しつつ、将来の進路に応じた選択授業を設けている。選択授業の中には、マスコミやビジネス、法学や簿記など、大学で学ぶ教養の入門的な内容を学習できるものや、大学のようにゼミを設置し、文献の輪読や調査、討論・発表などをするものもあり、大学進学後の学習を一歩リードできる。

また、英語教育にも力を入れており、英語の文章を読み取り、それに関する批評を英語でプレゼンテーションすることを目指して学習に励んでいる。自らの英語力を客観的に評価し、向上させていくために、各種の英語資格試験に積極的に取り組んでいる。

在学中、一定以上の成績を修めた者は推薦資格が得られ、法政大学へ入学できる。そのほか推薦資格を得ながらも、国公立大をはじめ、早稲田大、慶應義塾大、上智大などの他大学を受験する生徒もいる。

法政大学高校の偏差値はどうなっているのでしょうか?法政大学高校の難易度は非常に重要で、まずは偏差値について知っておきましょう。法政大学高校の偏差値はとなっており、かなり高いです。法政大学高校の難易度はそういった偏差値も重要ですけど、さらに倍率も見ておきましょう。法政大学高校の偏差値を理解したら、あとは学校の評判も重要なので、法政大学高校の校風や教育方針もチェックしておいてほしいです。また、法政大学高校の推薦基準の内申点とか、法政大学高校の面接で聞かれることなどを対策しないといけません。志望動機を考えたりすることも必要なので、法政大学高校の偏差値とは別にそういったところも頭の中に入れておきましょう。

法政大学高等学校の倍率や合格最低点は?

法政大学高校の倍率に関して知っておきましょう。法政大学高校の倍率は推薦入試と一般入試で異なっていますが、どちらも4倍前後くらいです。ただ、一般入試の女子に関しては過去に6倍程度の倍率があったこともあります。したがって、法政大学高校の難易度はそういった違いが生まれることもあるのです。法政大学高校の偏差値は高いですけど、倍率も高いので本当に難しい学校です。法政大学高校の倍率に関してはそういった状況ですけど、合格最低点はどうなっているのでしょうか?これも法政大学高校の難易度に関する情報です。法政大学高校の合格最低点は推薦入試が220点前後、一般入試が270点前後となっています。この合格最低点は目安として覚えておきましょう。その年によって変わりますから。法政大学高校の合格最低点についてはそういった状況ということです。

法政大学高等学校の出題傾向やレベルと対策は?

国語

※本校は例年、2回の筆記試験が実施されているが、ここでは「一般入試」についての説明。
「現代文」の大問2題(「論説文」と「小説」あるいは「随筆」。2017年度は「論説文」と「小説」)が定着している。「古文」「漢文」は基本的に出題されない。
文章量は6000~7000字程度(本年度は約6000字)。解答数は30ほど(本年度は32)。「設問形式」は、「選択肢」(「空所補充」「乱文整序」、「組み合わせ」「複数完全解答」などあり)、「抜き出し」、「語句(漢字)記述」、「説明記述」(例年5問程度。本年度は5問)、「漢字の読み書き」、「総合的知識問題」など。
特徴は、「基礎的な読解力」だけではなく「接続詞・同音異義語・同訓異字などの識字問題を含め中学で学習した総合的な国語力」が問われるということ(学校HPより)。「口語文法」も含めて幅広い分野から出題される「総合的知識問題」(配点比率が高く、本年度は3割強)、頻出の「乱文整序」や手強い「説明記述」など、本校合格に向けた最大限の「対策」が必要となる。また、「論理展開を押さえる演習」(同HP)も必須だ。
100点満点。試験時間は50分。

数学

式の計算、平方根の計算、因数分解、連立方程式、方程式の応用、場合の数、確率、二次関数と直線のグラフ、平面図形、空間図形、三平方の定理、面積比と線分比、相似比と体積比、図形と関数・グラフとの融合などが出題されている。全分野からの出題が予想される。方程式の応用、二次関数と直線のグラフ、面積比と線分比は必須である。

「読む・書く・聞く」をバランスよく聞くのが法政大学高校の特徴だ。その中でも、図表の読み取りと自由英作文は、他の高校では問われることの少ない分野であることから意識的に対策していく必要があるだろう。文法等知識問題は点数が取りやすい。取りこぼしのないよう知識の精度を高めておきたい。

法政大学高校の出題傾向やレベルをチェックすることは重要です。法政大学高校の偏差値は高いので、しっかりと対策をしてほしいです。過去問を通じて法政大学高校の出題傾向やレベルを把握することもできますし、こういった引用についても参考にしてほしいと思います。法政大学高校の難易度は高いですから、出題傾向やレベルを把握して、そのうえで過去問を解いてできなかった問題のうち、法政大学高校の出題傾向やレベルに沿っている問題を重点的にやっていくと受かる確率が上がると思います。法政大学高校の対策はそういった感じでやっていきましょう。あとは法政大学高校の推薦基準の内申点も重要ですから、最新の情報をチェックする必要がありますから、法政大学高校の推薦基準も学校のホームページなどから把握しておきましょう。そして、法政大学高校の面接で聞かれることが重要で、志望動機などを知っておいてほしいです。法政大学高校の面接で聞かれることを中心に対策をして、法政大学高校の志望動機を練っていくと良いでしょう。最後に法政大学高校の評判を理解するために、口コミを知っておくと良いと思います。

法政大学高等学校の評判や口コミは?

生徒数は1学年200ちょっとと結構コンパクトです。でも生徒は法政大学の自治の精神の影響からとても活発で自主的です。先生はそういう生徒たちに結構信頼を置いていますので。校則で強く縛るような真似はしません。生徒数が少ないので全体的に仲が良いまた男女仲も良いようで、お付き合いしているカップルも結構見受けられます。実は進学実績がかなり良く、とてもバランスが良い学校です。

入学して知りましたが、想像以上に良いです。どう良いかというと、まず1学年の97%前後が法政大学進学の資格をとります。ただし実際進学するのは85%前後です。1学年230人ほどの生徒のうち上位層は保険に法政大学内部進学権を保持したままで国立早慶上智、青学立教などのMARCH上位校を受験し受かります。驚くと思いますが早慶に一定数の指定校推薦の他上智には12人もの推薦枠があります。
つまりほぼ全員が最低でも法政大学に内部推薦で行け、20~30人ほどが国立早慶上智MARCH上位など錚々たる大学に現役進学します。(浪人が1学年で多分数人程度です)つまりMARCH以上の大学への現役進学率は多分97%以上でほとんど全員がMARCH以上の大学に現役進学です。

9割法政大学への内部進学です。ちゃんと勉強していれば希望の学部へ進めます。残りの1割は、もっと上位の大学へ受験し進学しますが、外部受験をする場合は文化祭準備等で盛り上がる周りに流されないよう強い意志がないと厳しいです。受験組への準備の強制等はありませんが、授業が受験向けではないため、自分との戦いになると思います。
毎年1~3人程、成績が足りず進学できない人がいるそうです。

厳しくない。教師たちも一度は生徒を叱るがほとんど野放し状態。化粧をしてる人もいるし、校則ではスカートの長さも決まっているが守っている人はほとんどいない。
またバイトなども禁止になっているが隠れてやっている人はいくらでもいる。

法政大学高校の評判はどうなっているのでしょうか?法政大学高校の口コミをチェックして、そういったところを見ておきましょう。法政大学高校の評判に関してはいろいろな情報が必要ですけど、学校の雰囲気をしっかりとチェックしてほしいです。法政大学高校の校風や教育方針を理解していきましょう。法政大学高校の口コミはかなり貴重です。法政大学高校の口コミから学校の雰囲気などを把握してほしいですけど、さらには法政大学高校の進学状況も重要です。内部進学をする割合が高いですが、外部の大学を受験する例もそこそこあります。法政大学高校の進学状況としてはそういった状況なので、法政大学高校の内部進学の割合などを調べておくと、卒業後の進路が想像しやすくなります。法政大学高校の評判としてこういったところも重要なので、進学状況などを含めていろいろな情報から、学校の特徴を把握しておいてほしいです。

1