1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

今、地方で新卒の採用難が深刻となっている 一部では内定率が5割弱という現実

2019年卒採用の就職活動でも依然、企業が採用に苦戦していることが、マイナビが国内企業約3000社に対して実施している調査で、明らかになった。

更新日: 2019年01月13日

12 お気に入り 38074 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

今回は少し難しい内容となってます。予めご了承ください。

harunikuさん

皆さんは地方で深刻な採用難状態に陥っていることをご存知でしたか?

地方では新卒学生が集まらず深刻な人材難の状態となっています。

【地方は新卒採用難 大都市と差】 yahoo.jp/BXvEk4 大学や大学院卒の学生の採用で計画通りの人数を確保できない企業が増えている。特に北海道や東北、四国などの地方では、充足率が5割前後にとどまるなど採用難が深刻になっている。

新卒採用難、地方で深刻=都市部と格差、充足半分も(時事通信) headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190113-… こういうこともあって入管法改正があったと思いますが、答えは移動を制限する奴隷制度ではなく、真っ当な賃上げとそれを支える政策です。 #最低賃金を1500円に #技能実習制度廃止 change.org/p/%E5%B1%B1%E4…

一部の地方では採用率が5割弱にとどまっています

新卒採用難、地方で深刻=都市部と格差、充足半分も:時事ドットコム dlvr.it/QwZCMr pic.twitter.com/w598kXUuYn

確実に地方と都市部で二極化が進んでいます。今後もこの流れは続くと予想されます。

特に北海道や東北、四国などの地方では、充足率が5割前後にとどまるなど採用難が深刻になっている。

一方で、大都市圏の充足率は京阪神が9割を超え、首都圏と中部・東海もそれぞれ8割台後半に達するなど高水準にある。

6割近い企業が今後も継続して採用活動を続けていくとのことです

秋以降の採用活動を「継続する」企業も、6割近くにのぼっている。マイナビの調査時点(9〜10月初旬)の段階では、57%の企業が「今後も採用を継続する」と回答。

同研究所は「採用ニーズが満たされず、翌年回しという状態が続いている」と分析している。

@YahooNewsTopics 労働環境を改善する努力すらせずに採用難?大都市の企業と競争していない地方の経営者が無能なだけでしょう。人材獲得は経営者の責任ですよ。

このような事態に陥っている要因として「賃金の格差問題」が挙げられます

新卒採用難、地方で深刻=都市部と格差、充足半分も(時事通信) - Yahoo!ニュース headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190113-… @YahooNewsTopics 給料の低さを改善して新卒に限らなければ働き手見つかると思うよ

都会と田舎で同一労働・同一賃金にでもしないと、解決しないだろう。 新卒採用難、地方で深刻=都市部と格差、充足半分も(時事通信) - Yahoo!ニュース headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190113-… @YahooNewsTopics

賃金格差が起きる原因は「集積の経済」によるものです

集積の経済とは異業種の企業が集中して立地することで得られる外部経済のことを指します。

もう少しわかりやすく説明すると
例えばあなたの住んでる近くに自動車工場があります。自動車工場の近くに部品メーカーがあると輸送費が安く済み、自動車工場や部品メーカーの近くに弁当屋があると双方にとって得です。

これが「集積の経済」と呼ばれるものです。

大都市ほど賃金が高い一般的な解釈は、集積の経済による正の外部性と関連する

やや乱暴な話だが都市部は誘蛾灯の様に能力のある人間を集めるので、高い賃金を払っておけば有能な労働者が来ると言う話だ。

企業とのミスマッチも採用難に拍車をかけています

そりゃあ新卒で若いんだから、きつくて給料も安い介護や建設の現場作業なんかしたいと思うか?ってことですよ。分析するまでもない。- 新卒採用難、地方で深刻=都市部と格差、充足半分も(時事通信) headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190113-…

仕事が大都市圏に集中している。 業種の中で、医療・福祉(介護事業所)が38.8%、建設が50.0%と他業種に比べて著しく低いようだ。 新卒採用難、地方で深刻=都市部と格差、充足半分も:時事ドットコム jiji.com/jc/article?k=2… @jijicomさんから

優秀な人材を求めている企業側と待遇の良い企業で働きたい就活生側の思惑が見え隠れしてます

企業側→優秀で安い人材
就活生→賃金が高い、福利厚生が充実している

この両者の思惑がズレているのでミスマッチが発生します。

ミスマッチが多くなるもっとも高い割合として、企業が求める人材要件が高すぎるという点があります。

企業側は、より良い人材をより安く(※実績を見極めるまでは特に安く)採用しようと考え、採用される側は、できるだけ良い会社にできるだけ(最初から)高い報酬で雇われようとします。このミスマッチが、採用難、就職難に拍車をかけています。

→これだけワークライフバランスや転勤ナンセンスが叫ばれてるのに、それに見合った求人を出してる会社の何と少ないことか。市場のミスマッチ感凄い。 企業は、転勤なし・リモート可・有給消化90%・男性育休取得率↑・月残業20h↓ これ満たすだけで採用難を劇的に解消出来ると思うよ、、、 #採用 #転職

1 2