1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

道楽生活さん

▼2019年1月11日 金曜ロードSHOW!で『耳をすませば』が放送される

『耳をすませば』(みみをすませば、英題:Whisper of the Heart)は、柊あおいの漫画作品、およびそれを原作とした近藤喜文監督、スタジオジブリ制作のアニメーション映画作品。

原作漫画版とアニメ映画版では設定や展開が異なる。アニメ映画版では、背景美術として東京都の多摩市・日野市・武蔵野市を描写した絵柄が多く見られる。

▼今となっては驚きなのは天沢聖司役の声優がブレイク前、それも当時子役だった高橋一生だったことである

準主役の天沢聖司の声を担当したのは、当時14歳だった高橋一生(38)。読書好きで、中学卒業後はバイオリン職人を目指しイタリアへ修行に行くという15歳の少年を声で演じている

さわやかな聖司さんの声を演じたのは、公開当時14歳だった高橋一生さん。当時の収録から1週間後くらいに声変わり⁉️が始まったんだそうです。声変わり前の奇跡のようなタイミングで収録されていたんですね❗️→続く #金ロー #耳すま #高橋一生 #天沢聖司 #耳をすませば #ジブリ #雫 pic.twitter.com/4irYyY1MLh

続き→近藤喜文監督は声の出演者を選ぶ時、“日常的な芝居が普通にできる”ことと“実年齢が持つ空気や存在感”を大事にしたいと考えていたとか❗️高橋さんは声入れの前の役作りにとても苦労されたんだそうです #Kinro #耳すま #高橋一生 #天沢聖司 #近藤喜文 #宮崎駿 #ジブリ #雫 pic.twitter.com/K9XmLzw4vJ

▼何の因果か高橋一生は2017年に「カルテット」でヴィオラ奏者役を演じる

1995年に「耳をすませば」でヴァイオリン作ってる天沢聖司の声やってた高橋一生が2017年に「カルテット」でヴィオラ奏者役やってるの感慨深いな pic.twitter.com/VVOagEo3Xr

▼高橋一生は1991年にもジブリ作品『おもひでぽろぽろ』で声優をしてたとのこと

▼ツイッターでの反応

耳をすませばの天沢聖司の声って高橋一生だったとは、、知らなかった。 pic.twitter.com/nijXiOkjYd

耳をすませばやってたから当時のパンフ出してきた。高橋一生若い… pic.twitter.com/sYFSOi5Qt3

高橋一生さんやったん!? 知らんかったw いつ見てもいいなぁ。 めーーーちゃ好きなシーン! #耳をすませば pic.twitter.com/VmrRm2ERvA

「超難問クイズ 真実か?ウソか?」で自担の風間俊介さんが、ジブリクイズ50問に挑戦してしました。その中の『耳をすませば』の天沢聖司役についての問題VTR。 #高橋一生 #イセクラ #ジブリ pic.twitter.com/siQorlXcZR

高橋一生さんのファンがニヤニヤしてしまうだろう…作った自分でもニヤニヤです(*´ω`*) 耳をすませばの天沢聖司のセリフを言って欲しいと言うファンのリクエストに答えてくれた。 低音ボイスで「大好きだ」はヤバイ(//∇//) #高橋一生 #耳をすませば #ジブリ #天沢聖司 pic.twitter.com/iy1y8SWamA

▼ネット民の反応

ブレイクしてから「耳をすませば」を放送すれば、声変わりにどっとツイートが増えるよね。

若い時の声を頭に入れておきなら
今月の終盤から始まる『みかづき』で
今の声と比較してみようと思う。

しかし子役から始めて長かったよね。
大器晩成というの。

以前「カルテット」が放送されてる時に、「耳をすませば」が放送された。バイオリンを作ってた少年が本当に大きくなって楽器を演奏してるような錯覚になった。放送局が違うのにすごいタイミングで、感謝感激でした。

時の流れを感じる。だけどいつ見ても新鮮だな。

高橋一生とあまり関係ないけど、自転車二人乗りのシーン久しぶりに見たなぁ。こういうことにコンプラなんて言わない時代だったもんなぁ。

1 2