1. まとめトップ
  2. おもしろ

クセ強い応援歌に映像乱れ過ぎ…Twitter発「アジア杯オマーン戦」

Twitterで見る「アジア杯オマーン戦」。やはりみんな同じ突っ込みを入れているのが印象的。

更新日: 2019年01月14日

4 お気に入り 17547 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

・日本代表がオマーンを下し2連勝で決勝トーナメント進出

AFCアジアカップUAE2019・グループステージ第2節が13日に行われ、日本代表とオマーン代表が対戦

引き分け以上でグループステージ突破が決まる日本はGK権田修一、DF酒井宏樹、吉田麻也、冨安健洋、長友佑都、MF遠藤航、柴崎岳、堂安律、南野拓実、原口元気、FW北川航也の11人が先発に名を連ねた。

1-0のまま終盤を迎え、90分に途中出場の伊東がGKを強襲するシュートを浴びせたものの、見せ場の少なかった後半に追加点が生まれることなく試合は終了。

・まずTwitterでは大迫不在に関心が向いた

とにかく大迫がいない時のことはちゃんと考えないとかないと機能しなくなる。この先大迫が負傷離脱する可能性だってあるわけだし

点決めただけで「半端ねぇ!」と叫び、離脱しただけで「半端ねぇ!」と叫ぶ、意味が違う大迫勇也選手の扱い。 #daihyo #アジアカップ #アジアカップ2019

・不可解だった原口のペナルティキック

勝負を分けたゴールは前半27分に出てきた。相手のペナルティーエリア内に攻め込みシュートをしようとした日本MF原口元気が相手MFアフメド・アルマハイジリに倒されてペナルティーキックとなった。

関連して誤審論争があった。リプレイ画面で確認した時、ペナルティーキックを出した場面でアルマハイジリと原口には直接的な身体接触がなかった。

ペナルティーエリア付近のアルマハイジリのキックは原口の身体ではなくボールにあたったと判定された。審判のペナルティーキック宣言直後、オマーン選手が集まって強く抗議したが判定は覆らなかった。

原口は「内容的にはよくなかった。このままでは決勝トーナメントでは勝てない」と危機感を口にした。

・原口のシュミレーションでは?

え、原口元気に当たってなくね??シュミレーションやろ。(笑)

原口、シュミレーションだろ。青の20番にレッドカードを出せ。

・微妙な判定は長友のブロックにも

45分にもオマーンが日本ゴール前で審判に猛抗議したシーンがある。こちらもハイライトを見返してみると、オマーンにとって厳しい判定だったことがわかる。

オマーンのMFサラー・アルヤハヤエイがペナルティエリア内で放ったシュートをDF長友佑都が体を投げ出してブロックしている。しかし、この場面で長友は左手をボールに対して伸ばしており、肘で弾いている。

「VARがなくて良かったとホッとしている。結果的に神の手になって良かった。VARがあったらハンドになっていた可能性が高かった」。冗談をまじえながらもその表情は厳しい。

長友も危機感を口にしている

・長友の神の手出た?

1 2