1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

この記事は私がまとめました

senegirlsさん

いま感染症が猛威をふるっている

去年12月31日~今年1月6日までの一週間で、推計およそ58万6000人の患者が医療機関で受診し、去年の秋口からの累計受診患者数はおよそ165万人という結果。

この数字の恐ろしいところは、実は12月31日からの一週間というのは本来、そんなに患者が増える時期ではないということなんです。

朝から体調が悪いときは、会社を休むべき・・・?

第一三共ヘルスケアが2016年に行った調査によると、そもそも「風邪をひいたら仕事を休むべき」と答えた人は38.8%に留まっている。

残念ながら、6割以上の人が「風邪で仕事を休むことはできない」と考えているようだ。この調査は30~40代の男性を対象にしているため、管理職で休めないという人も多いのかもしれない。

アサヒグループホールディングスの調査では、39度以上にならないと体が辛いと感じない、仕事を休まないという強者も5%いたという。

では実際・・・

ライオンが2011年に成人男女1000人を対象にした調査では、「会社の同僚や上司、部下が何℃以上の熱があったら会社を休んでも仕方がないと思うか」と聞いたところ、48.8%が「37.6~38.0度」と回答したという。

給料をもらっている以上37度の熱くらいでは休めないと考える方が多いようです。

事実・・・

「平熱が35度台なので、37度でもつらいが、一応まわりの目を気にして38度まではがんばる」(31歳/その他/事務系専門職)

「37度台なら平熱が高い人だといるが、38度は絶対に病気だから」(30歳/金融・証券/秘書・アシスタント職)

37度台では周囲から見た場合、発熱として認めてもらえないのでは?といった気持ちも含まれているようです。

ただ本音を聞いてみると・・・

一方、「何度の熱が出たら仕事を休みたいか」の希望については、多くの方が「37度」と答えています。

「普段通りの仕事ができなくなる熱のライン」についての回答でも37.0~37.4度と答えた人が一番多い結果となりました。

「発熱」とは、臨床的には37.5度以上をさすそうだ。一方平熱にはかなりの個人差があり、低い人にとっては37度でも辛く感じるもの。

中には無理をして根性で出社する人も多いですが・・・

1 2