『1987、ある闘いの真実』一点が大きな輪になる物語の軸と合コンに参加しようとしてデモに遭遇した女子大生が最後に見る景色に胸を熱くする。危うさとイノセントを内包したカン・ドンウォンが素晴らしい。あの顔に行くまでを引き算の演技として構成してたら彼凄いと思う。映画全体の構成も凄い。 pic.twitter.com/FkKPmeetWE

返信 リツイート いいね

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

観るべきはこれ!今月発売の洋画DVDまとめ【2019年2月】

2019年2月に発売となる映画DVDの中で、オススメの洋画をまとめました。(スターリンの葬送狂騒曲、ローライフ、クワイエット・プレイス、1987ある闘いの真実、ボリショイ・バレエ 2人のスワン、ザ・アウトロー、心と体と)

このまとめを見る