1. まとめトップ

聖園女学院についてのまとめ⋆*

聖園女学院ってどんな学校?気になったらチェック! *神奈川県の女子校です。(よく併願される学校: 日大藤沢 横浜女学院 湘南白百合学園 清泉女学院 カリタス女子 聖セシリア女子 湘南学園 洗足学園 横浜英和)(近隣の高校:湘南高校 清流高校 藤嶺藤沢)

更新日: 2019年01月18日

1 お気に入り 226 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

聖園女学院の概要

聖園女学院中学校・高等学校(みそのじょがくいんちゅうがっこう・こうとうがっこう、英語: Misono Jogakuin Junior & Senior High School)は、神奈川県藤沢市みその台に所在し、中高一貫教育を提供する私立(カトリック系)の中学校・高等学校(女子校)である。

完全中高一貫校であり、高校からの募集は行っていない。運営法人は学校法人南山学園である。

カトリックの学校であるため、毎日の朝礼時・終礼時にお祈りや聖歌を歌ったりするをする他、6月と9月、11月、12月、3月にはミサが行われる。「マリアホール」「イエスの聖心聖堂」など、カトリック校ならではの名称をつけられた施設がある。

クラスはばら組・ゆり組・すみれ組・きく組と花の名前である。(きく組は、生徒数の減少により2015年度からはなくなっている。) 各クラス30〜40名程度。 中学1年生〜中学3年生の英会話の授業は、少人数のクラスで指導を徹底するためクラスを2つに分けて授業が実施される。また、英語の授業のクラスは高校1年生より習熟度別のクラスに分けられる。高校2年生からの選択科目でも、科目によっては習熟度別にクラスが分けられている。

学校行事は、入学式(4月)、球技大会(5月)、ミサ(6月、9月、11月、12月、3月)、聖園祭(9月)、クリスマスキャロル・クリスマスタブロ(12月)、卒業式(3月)などがある。

聖園女学院の評判は?

全体的に、団結力が高いと思います。また、先生との距離が近いので、悩みがあれば、相談しやすいです。
夏休みなど長期休暇中は、マリアホールのラウンジで楽しく友達同士お喋り出来たり、勉強したりできます。長期休暇中の補習講習も充実しています。
イベントがある度に、学年の団結力を感じられます。

校内にあふれた自然は、四季折々に美しく変化し、私たちの心を癒してくれます。
キリストの教えに基づき、愛に溢れた学院生活が楽しめるでしょう。

山の上の女子校です
もちろん勉強もしたいけど、それよりも平和に学生生活を送りたいと思うならおすすめです(教科の勉強<心の教育?という感じ)

授業のレベルはあまりハイレベルではありません(先生自体はいい先生ばかりなんですけどカリキュラムが...)

聖園女学院について。
聖園は、良くも悪くものんびりしている学校です。ふわふわしている子も多い☁
ゆえに、学習に対して意欲的な生徒は少なく感じられる。単位を取る取らないのレベルでしか頑張れないよう。受験などのために意欲的に勉強しようとする生徒はせいぜい学年に10名もいれば良いほう、といった感じ。
頑張っている生徒には先生方もしっかりサポートしてくださるので、満足です。ですから、聖園が良い学校かどうかということは生徒本人の状況次第で変わるのではないでしょうか。

過去9年間の進学実績

自明に聖園女学院は進学校ではありません。そもそも進学校を目指している様子もありません。
ですが、予備校などに早くから入って勉強すれば七帝大(北大、東北大、東大、名大、京大、阪大、神大)(さすがに聖園から東大京大は無理だと思いますが)も可能でしょう。2010年に、学部は不明ですが名古屋大に聖園から合格した実例もあります。
ここで注意すべきことは、『聖園は進学校ではない』ためこの学校に身を任せるのは絶対に駄目です。

1