1. まとめトップ
  2. 雑学

実は『厄』はうつる...厄年でなくても行いたい厄払いの仕方

知らなかった!近くに厄年の人がいると厄がうつるのです。

更新日: 2019年01月15日

32 お気に入り 20324 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

■「厄年」の年齢を知ってますか?

女性は19歳と33歳が厄年とされています。とくに、男性42歳と女性33歳を大厄と言い、大厄の前後1年ずつに、それぞれ前厄、後厄があります。

厄年の1年前「前厄」ではお金や人間関係の災いが厄の前兆が現れる年として、厄年の前1年を指す“前厄”

厄年から1年後「後厄」は油断によるトラブルに見舞われる。本厄を終えた後に、厄が薄らいでいく年だと言われるのが“後厄”。

・SNSは新年早々付いてない事から「厄年」?というツイートも・・

新年早々、 仕事の依頼とか付いてないな。 今年は厄年か?

新年早々ついていないので、まだ厄年なのか?と思いたい笑

最近、厄年じゃないのに厄年かっていうくらい出掛け先での小トラブルが多い!一番イライラするのは、見ず知らずの人なのに文句言ってきたり、注意してくる人!

・知ってましたか?近くに厄年の人がいると「厄」がうつる事

プラスとマイナスをかけ合わせるとマイナスになるように、負のエネルギーは強く、周りまで巻き込みます。家族に厄年の人がいる場合は、周りの人も一緒に厄除けをする

・「厄除け」をする場合は節分までにする

寺で行う厄除けは、厄を寄せつけないようにするもので、神社での厄払いは、すでに身にまとった厄を取り払うもの。

神社仏閣や地方によって異なりますが、元日から1月7日まで、もしくは節分までに行うところが多い

・自力で「厄」をはらうことができないと言われてます

自分の力の及ばない何かが起こるから“厄”なんです。落とすにはやはり、“儀式”が必要。

■その一方で簡単な厄払い方法も一部で人気になっている

ただ中には「お金をかけてまでするのはちょっと……」という人もそれなりにおり、そういう人たちの間では「お風呂に50gから100g程度の粗塩を入れて入浴する」という方法に人気があるようです。

塩の中でも特にネガティブなエネルギーを吸収する浄化力に優れています。銘柄や値段を気にする必要はありません。

自分の年齢と同じ人数に洗剤をプレゼントするのだ。例えば42歳なら、42人に洗剤を贈る。これには「洗剤で私の厄を落としてください!」という意味がある

1 2