1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

innasannさん

年末調整で受け忘れた所得控除がある

生命保険控除や扶養控除など、年末調整で受けるべき控除の受け忘れがある時は、申告をすれば還付を受けられます。

年の中途で会社を辞めてしまい、年末調整を受けれていない

月々の源泉徴収税額は収入が一年間継続することを前提に定められていつので、中途退社で年収が低い金額にとどまる時は源泉税の還付を受けられる可能性が高いです。

医療費の支払いなどがある

医療費控除も確定申告をして初めて受けられる控除があります。

医療費の中には申告して初めて受けられる控除があります

火事や盗難などの被害にあった

雑損控除、災害減免控除は申告すれば控除を受けられます。

特定寄付金を支払った

公益性の高い寄付をした時は、寄付金控除が受けられます。

ローンで住宅を購入した場合

住宅ローン控除を受けるには、適用初年度の確定申告が必要とされます。

源泉徴収をされた所得がある

原稿料収入や株式の配当金などからは所得税が源泉徴収されている。申告すれば還付を受けられます。

事業などで大きいな赤字が出たとき

青色申告をしている人が不動産や事業で赤字を出したときは、同年中の所得から控除しきれない金額を翌年以降3年間に渡って繰り越すことができます。

株式や自宅の売却損がある

株式や住宅の売却損がある場合、申告をすれば翌年以降三年間の所得と損益を通算することが出来ます

1