1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

私も思った

fu_fu2527さん

日本の職場がなぜそこまで大変かっていうと、お客さんの要求が高い上に完璧を求めるお客さんが多すぎるから。お客さん全員に怒られないように仕事しようとすると手間が増えて、結局労働時間が長くなる。実はこれ、私たち一人一人の問題でもあると思うんだよね。全員が寛容になったら社会は変わる。

東南アジアの企業と話してると、日本人のお客さんを相手にすると、いかに細かくて大変かという話になってしまう。だから営業に行くと「ローカルのお客さんしかうちはいらないです」っていう会社もある。国民の大勢が寛容で細かいことを気にしなくなれば、仕事は減っていくし楽になるんだよね。

note.mu/kyoukn/n/ndd79…小学校からずーっと我慢の練習をしてきて、職場でも嫌なことを我慢して頑張っていると、誰かが楽しているのが許せなくなるんですよ…マレーシアでは電話営業してたにも関わらず、お客さんから怒られることがまったくと言っていいほどありませんでした

クレームをつけてくるお客様がよく言う、「〇〇するのは普通!常識!そんな当たり前のこともできなくてオタクの会社、社員は教育がなってない」の〇〇の中身は、言う人によって全然異なったりする。 twitter.com/mahisan8181/st…

そーなんですよね・・「常識でしょ」の常識の中身が全員微妙に違うので、全部に合わせてカスタマイズしていくと、とんでもない面倒臭い仕様になってしまうというね….。「先生」って呼ばないと怒る人もいれば、「さん付けでよべ」って人もいますしね。席の順番や言葉遣いで怒る人やらいろいろ。 twitter.com/Alice24451993/…

アメリカにいると本当に強く感じるのがこれ。渡米した当初は米国のサービス業のレベルが低すぎて、日本はすごいなと思った。しかし、段々と米国にいて気づくのが、日本のサービスが過剰すぎたのだということ。むしろ、米国くらいに緩くてラフな方が、労働者もお客も気楽。note.mu/kyoukn/n/ndd79…

オーストラリアでも香港でもオランダでも思いました。日本のおもてなしって過酷。働く人が丁寧すぎて悲壮感漂わせてるより、多少ゆるくても楽しそうにしている方がこちらも嬉しい。主従関係じゃないものね。そういうお店が増えればいいな。 twitter.com/satoruo/status…

米国でも高級レストランに行けば良いサービスを受けられます。基本的に良いサービスにはそれ相応のお金を払うという考えがある。日本では100円の商品を買うだけでも、異常に丁寧なサービスを要していて、労働と対価が見合わっていないと感じます。また、しわ寄せが立場の弱い末端労働者にくるのも問題

1