1. まとめトップ
  2. おでかけ・グルメ

ますます止まらないローソンの悪魔シリーズ…リリースされる悪魔フードがとてもうまそう♡

昨今ローソンで人気のジャンクフードといえば、悪魔のおにぎりでしょう。天かすや様々なものを入れて、悪魔的なおいしさを作り出したもので、多くの人の支持を得ました。そんな中悪魔のパンや悪魔の焼きおにぎりが販売されるようで、今後様々な悪魔シリーズが販売されることが期待できますね♡

更新日: 2019年01月15日

14 お気に入り 25881 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

ローソンには魅力的なおにぎりがたくさん販売されている!!

ローソンで販売されているファーストフードは数多くの種類があります。

これらは、レジ横にある揚げ物系や肉まんのほか、ローソンのプライベートブランド商品に至るまでさまざまです。

ナチュラルローソンが好きです。なんといっても焼きたてパン。あんこギッフェリは最高です。あと、冬の定番中華まんがとても美味しい。商品が他とは一味違うので、行くと興味深々になります。

ローソンのホットスナックは、種類が豊富だしどれも美味しそうなので、どれにしようかすごく迷ってしまいます。

ローソンでは、200円クラスのおにぎりが充実している。『新潟コシヒカリおにぎり いくら醤油漬』(198円)、『新潟コシヒカリおにぎり 熟成すじこ醤油漬』(198円)、『新潟コシヒカリおにぎり 焼さけハラミ』(198円)といった、“鮭いくら系おにぎり”のほか、『新潟コシヒカリ 駿河湾産桜えび入りかき揚げ』(220円)というかき揚げが具として入ったおにぎりも。

バラエティの多さは魅力の一つです。

魅力は悪魔シリーズなんだ!!

「あ…あくま?」と、その衝撃的な商品名に、グツグツと煮えたぎる紫色のスープというような、とてつもない場面を想像してしまいますが、どうぞご安心ください。

『悪魔のおにぎり』とは、天かす、麺つゆ、青のりなどが混ぜ込んであり、どんどん食べてしまう「悪魔的な美味しさ」のおにぎりのこと。

食べ過ぎが気になるのに止まらない…そんな後ろめたさも含めて夢中になってしまうのが、この『悪魔のおにぎり』なのです。

「悪魔のおにぎり」(110円)は、白だしで炊いたごはんに、天かす、青のり、天つゆなどを混ぜ合わせたおにぎりです。

白だしで炊いたご飯と天かす、天つゆ、青のりなどを混ぜ合わせた「悪魔のおにぎり」は、ごま油とねぎが加わりさらに風味アップ!

"悪魔的にやみつきになる美味しさ"と反響を呼び、累計販売数は約1700万個を記録する大ヒットを飛ばしました(1月9日時点)。

新たに悪魔シリーズがリリースされるぞ!!

醤油をベースにかつお・昆布だしのうまみ、みりんのやさしい甘味をきかせた焼うどんです。あおさ入りの天かす・野菜炒め・紅生姜を盛り付けました。

「やみつきになる」商品としてSNSで話題のチーズと砂糖を乗せトーストしたベーカリーも発売します。

薄焼きのパンの上に、天かすとあおさを乗せ、天つゆ入りソース、マヨネーズをかけた「悪魔のパン」(150円)、しっとり・ふんわりできめ細かい特長の食パンに、2種のチーズクリームと、シュレッドチーズをトッピングし、そのうえにグラニュー糖をかけて焼き上げた「悪魔のトースト」(125円)の販売も開始します。

またまた"悪魔的にやみつき"になってしまいそうな予感...。

今後様々なものが出てきそうだ!!

様々な声が続々

1 2