昔の血が騒いだのか、彼らは事件解決に向けてやる気満々。元警察官とはいえ今や一般人が捜査に介入しようとすることに慌てるひよりをよそに、次々と事件解決へのヒントが明るみになっていく…。

出典高畑充希『メゾン・ド・ポリス』初回  西島秀俊ら“イケおじ”の活躍に反響 /2019年1月12日 - エンタメ - ニュース - クランクイン!

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

野口五郎ら“いけオジ”たちが大活躍!『メゾン・ド・ポリス』

高畑充希が初の刑事役に挑む『メゾン・ド・ポリス』が、初回視聴率12.7%と好発進。黒岩勉脚本によるミステリーの面白さと同時に、個性的な“いけオジ”(近藤正臣、野口五郎、角野卓造、小日向文世)が大活躍する姿が好評。そんなベテラン俳優たちに対する、高畑と西島秀俊の“受け芝居”も見どころとなっている。

このまとめを見る