1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

どうした無印良品…日本のトップを走る企業が相次いで業績不振に

日本にてトップを走っている優良企業が相次いで業績不振。。その原因とは?

更新日: 2019年01月15日

14 お気に入り 42010 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

信頼のおける情報を元に作成しています。

■業績優等生の「無印良品」

スーパーマーケットの西友が企画・開発し、1980年より販売開始した、食品、衣料品、家庭用品などのプライベートブランド

家具、衣料品、雑貨、食品などの販売店を国内外に出店しているほか、オンラインストアやホテルも手掛けている[1]。

良品計画は4月12日、2018年2月期の決算を発表した。営業収益は前期比113.9%の3,795億円で、15期連続増収、7期連続営業増益により最高益を更新

去年4月の決算発表です。

■このような好業績から一転、業績の下方修正を発表した

1月9日に決算を発表。19年2月期第3四半期累計(3-11月)の連結経常利益は前年同期比3.7%増の357億円に伸びた。しかし併せて、通期の同利益を従来予想の503億円→473億円(前期は459億円)に6.0%下方修正

海外は中国を中心に堅調だが、国内は冬物衣料が振るわなかったほか、生活雑貨が伸び悩んだため下方修正に至った。

国内事業において、生活雑貨カテゴリーの不振に加え、冬物商材の売上の伸び悩みにより、当初計画には未達となった。

■業績悪化の理由の一つとして「ニトリ」があるという

来店客は好みの生活スタイルが表現されている売り場で商品をまとめ買いすれば事足りる。無印良品もそういった提案力をニトリレベルにまで引き上げる必要がある

ニトリホールディングス <9843> が12月27日大引け後(15:00)に決算を発表。19年2月期第3四半期累計(3-11月)の連結経常利益は前年同期比11.4%増の796億円に伸び、通期計画の1000億円に対する進捗率は79.7%に達し、5年平均の76.9%も上回った

ニトリの業績は好調です。

■無印良品に関するみんなの意見

無印良品が業績見通しを下方修正 不振の裏にニトリの存在か #ldnews news.livedoor.com/article/detail… それよりも、無印は高級路線に方針転換してることのような気がするんだ。 前は安くてよい(代わりにシンプル)だったのが、ブランドというか、ただ高いだけになっていってる。

どうした、無印良品。不振の一因に「お値段以上」ニトリの訴求力 #MAG2NEWS mag2.com/p/news/382534 → ニトリがIKEAと無印の商品をそのままパクって安く作って売っているからちょっと価格にこだわる人なら無印では買わないよねぇ。

何言ってんの、年収下げられまくっだからに決まってんだろ。金がなくて買えないんだよ。 どうした、無印良品。不振の一因に「お値段以上」ニトリの訴求力 - まぐまぐニュース! mag2.com/p/news/382534

■同じく業績優等生のユニクロも不振にあえいでいる

「ユニクロ」を展開するファーストリテイリングが2018年9月から11月期の連結決算を発表し、売上高は、前の年の同じ時期と比べ4.4%増えましたが、純利益は、6.4%減り、増収減益

国内ユニクロ事業は、売上利益が2,461億円(前期比4.3%減)、営業利益は379億円(同29.9%減)と減収減益。10、11月の暖冬による影響で冬のコア商品の売上が伸び悩んだ。

国内ユニクロ事業の営業益は前年同期比30%減、売上高も4.3%減と減収減益となった。

暖冬の影響があるといいます。

■あの「GAP」も本場で苦戦している

ニューヨーク(CNN Business) 衣料品チェーン大手の米ギャップが米ニューヨーク5番街の店舗を来年1月20日に閉店することが27日までにわかった

「オールドネイビー」と「バナナ・リパブリック」ブランドの店舗も運営するギャップは、実店舗型の一部衣料小売店が苦戦する中で、「ギャップ」ブランドの販売低迷に見舞われている

「ギャップ」はここ数年急速に市場シェアを失っており、閉鎖する店舗数も増えている。

1 2