近年では、消費者の健康意識の向上を背景に、お茶やミネラルウォーター、特定保健用食品(トクホ)飲料、野菜系飲料が好調。代わって、コーラやサイダーといった炭酸飲料は減少傾向にあります。

出典清涼飲料業界の現状、動向、シェアなど-業界動向サーチ

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

28年ぶりに国内清涼飲料水市場で異変が起きる 水がコーヒーを抜き首位に躍り出る

サントリー食品インターナショナルは15日、「サントリー天然水」ブランドの2018年の販売数量が、「ジョージア」ブランドを抜き、首位になったと発表した。飲料総研(東京)によると、国内の清涼飲料市場でトップの交代は28年ぶりとのことです。

このまとめを見る