1. まとめトップ
  2. エンタメ・カルチャー

吹奏楽からチア男子まで!2019年前半のおすすめ「青春映画」

2019年前半も「青春映画」の期待作が多数。『チア男子!!』、『きみと、波にのれたら』、『映画 少年たち』、『劇場版 響け!ユーフォニアム 誓いのフィナーレ』、『ノーザン・ソウル』。

更新日: 2019年02月10日

9 お気に入り 7202 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

aku1215さん

◆『ノーザン・ソウル』(2月9日公開)

1960年代にイングランド北部の労働者階級の若者たちから生まれた音楽ムーブメント「ノーザン・ソウル」の最盛期である70年代を舞台に描いた青春ドラマ。

退屈な毎日にうんざりしていた高校生ジョンは、ユースクラブでソウル・ミュージックに合わせて踊る青年マットと出会う。

出演は「モダンライフ・イズ・ラビッシュ ロンドンの泣き虫ギタリスト」のジョシュ・ホワイトハウス、「24アワー・パーティ・ピープル」のスティーブ・クーガン。

◆『映画 少年たち』(3月29日公開)

1969年の初演以来、「Kis-My-Ft2」「A.B.C-Z」「ジャニーズWEST」という歴代のジャニーズJr.が出演してきた伝説の舞台「少年たち」を映画化。少年刑務所を舞台に、心に深い傷を負った少年たちの青春を描くミュージカル作品。

それぞれに事情を抱えて刑務所に収監された少年たちが、冷酷な看守長と対立し、密かにある計画を企てるさまが描かれる。

ジャニー喜多川製作総指揮の下、「超高速!参勤交代」シリーズの本木克英監督がメガホンを取る。

◆『劇場版 響け!ユーフォニアム 誓いのフィナーレ』(4月19日公開)

吹奏楽に青春をささげる女子高校生たちの姿を描いた人気アニメ「響け!ユーフォニアム」シリーズの新作映画。

武田綾乃の小説が原作の青春ストーリー。主人公・黄前久美子が、進学先の高校で吹奏楽部に入部し、仲間たちとさまざまな試練を乗り越えて、吹奏楽コンクールに臨む道のりを描く。

新作では、高校2年生に進級した主人公・黄前久美子が、春に吹奏楽部へ入部してきた“後輩”たちとのドラマが描かれる。

◆『チア男子!!』(5月公開)

『桐島、部活やめるってよ』『何者』の朝井リョウによる傑作青春小説 「チア男子!!」の実写映画化。

道場の長男として幼い頃から柔道を続けてきた大学1年の坂東晴希(横浜)がケガをきっかけに柔道をやめ、親友・橋本一馬(中尾)とともに男子チアチーム「BREAKERS」の結成を目指すさまを描く。

横浜と中尾のほか、浅香航大、瀬戸利樹、岩谷翔吾、菅原健、小平大智が「BREAKERS」のメンバーとして出演している。

◆『きみと、波にのれたら』(6月21日公開)

1 2