1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

あと6年で厄介なんじゃね?昭和100年問題に早め対策を!

昭和100年問題…ちょっとやっかいかも。古いシステムは注意ですね。

更新日: 2019年01月16日

18 お気に入り 48455 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

pinkswan999さん

◎2000年問題は覚えてますか…

コンピュータの誤作動と言えば、初めて世間を騒がす話題になったのが『2000年問題(Y2K問題)』ですよね

2000年問題とか懐かしいわ。 丸っと1ヶ月分計上データー処理止められて、毎日終電まで残業してたよなー。 誰も手伝ってくれないし皆んな帰るしでかなりイライラしたのを鮮明に覚えてる( ತಎತ)

▼1999年の次は1900年になってしまう。

1980年代までの古いコンピューターやプログラムでは、年計算などの負担を軽くする目的で西暦の表記を下2桁でのみ行っていたんだ。

▼そんな中、昭和100年がやってくる…これが問題!

コンピュータ界で2025年問題と言うと、昭和100年を迎えることによって引き起こる誤作動等の問題を指しています。

「昭和100年(2025年)=昭和0年」として認識されることで正しく扱うことができず、2000年問題と類似した誤動作を起こす恐れがある

何故よりによって昭和なんて単位使ったんだろうか。。。 https://t.co/wCriQuLZLU

わざわざ、和暦を作るために昭和とか平成とか作ると2バイト使うので半角全角問題もでてきてめんどう!

▼何が困るの?今でも和暦が使用されています!

行政関係の書類や保険・金融関係の書類は、今でも和暦が使用されています

官公庁では元号で年を扱うが、このような業務を処理するソフトウェアの中には、3桁以上を考慮していないものがある。

ハードウェアは定期的に更新している団体も、ソフトウェアやデータはそのまま継続使用していることが多い

▼さらに、2038年問題もあるんです!

1970年1月1日0時0分0秒を基準にしているシステムが設計寿命を迎える。UNIXベースのコンピュータシステムは注意。

*OSを64ビット型にアップグレードするか、32ビットのunsigned long int型に変換するかが必要といわれています

▼とにかく早めの対策を!

2025年までに、コンピュータ処理を見直さなければなりません。

1 2