振り込み自体は円建てなので、本が円で売れれば(日本で売れれば)為替損益は出ない。んだけど。なんせ外国からの入金なんで、日本の主要銀行を送金先に指定すると、「円為替取扱手数料」と「被仕向送金手数料」という名前の振り込み手数料が入金額から差っ引かれる。これがバカにならないのだ。

出典URL短縮サービス URX.NU

普通、海外送金するときの手数料よりもはるかに高い手数料が毎回ひかれてしまいます。しかも、この振込みには、振込み額が一定に達するまで自動的に翌日に繰越してくれるようなサービスはない様子。売り上げが少なく、印税の方が手数料より下回る場合は、赤字になることもあるのです。こうしてみると、Kindleの自費出版にもリスクはつきものであることが判りました。

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

素人がAmazonのKindleで自費出版して儲けた体験談!まとめ

ブロガーやビジネスマンの中には、自費出版で自分の本を出版したいと思っている人もいることでしょう。しかし、なかなか儲けが出しづらいことで有名な自費出版。今回は、そんな人のために自己資金ほぼゼロから自費出版できる「AmazonのKindle」で儲けた人の体験談をまとめました!

このまとめを見る