でも、この銀行手数料、まあまあの解決策があった。新生銀行が安い。しかもかなり安かった。少なくても「被仕向送金手数料」の1500円はタダだ。新生銀行の「円為替取扱手数料」は、まだ僕は体験していないので実際は不明だけど、口座開設時のお姉さんに聞いたら、なんと「円為替取扱手数料」もタダだと言っていたが。本当かな?

出典URL短縮サービス URX.NU

この他にも、アメリカへの源泉徴収があったり、それを回避するための書類手続きがあったりと、困難は多いようです。何かと手続きが面倒なアメリカだけに、この時点で出版を諦めてしまう人も多いことでしょう。

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

素人がAmazonのKindleで自費出版して儲けた体験談!まとめ

ブロガーやビジネスマンの中には、自費出版で自分の本を出版したいと思っている人もいることでしょう。しかし、なかなか儲けが出しづらいことで有名な自費出版。今回は、そんな人のために自己資金ほぼゼロから自費出版できる「AmazonのKindle」で儲けた人の体験談をまとめました!

このまとめを見る