1. まとめトップ
  2. 定番

この記事は私がまとめました

naokana135さん

世界の美しすぎる教会&大聖堂

◇ブラジリア大聖堂 「ブラジル」

【ブラジリアの風景】ブラジルを代表する建築家、オスカー・ニーマイヤーが設計した首都ブラジリアのカテドラル・メトロポリターナ(大聖堂)。周辺には、大統領の弾劾をめぐる大勢の市民が集まり、ブラジルの歴史的転換点を見守った pic.twitter.com/ANDomwDvhs

どの建物も未来的なデザインで造られている計画都市ブラジリア。なかでもこの大聖堂は、最も美しく秀逸と言われている。

内部は一面にステンドグラスがはめ込まれた明るい空間が広がっており、頭上を見上げると、天井から吊り下げられた3人の巨大な天使像が、軽やかに空間を浮遊しています。

特徴はなんといっても、聖堂とは想像がつかない斬新な外観だ。弧を描く16本のコンクリート支柱によって支えられた建物は、空に向かって祈る手を表しているとも言われている。

◇ケルン大聖堂「ドイツ」

ドイツには数多くの大聖堂がありますが、その中でも最も大きく、多くの人を魅了してやまないのがケルン市にあるケルン大聖堂です。

これを見なければ始まらない!言わずと知れたドイツ最大のゴシック建築、カトリックの大聖堂です。

ケルン大聖堂は1248年より建設を開始し、途中約200年の作業中断時期を挟み、完成までに600年以上の月日を有した大聖堂です。

南塔にはケルン市街を一望できる展望台があり、必見です!

◇ハットルグリムス教会 「アイスランド」

ハットルグリムス教会(hallgrimskirkja/ハットルグリムスキルキャ)は、レイキャビクのシンボル的な教会。

ハットルグリムス教会は、アイスランドの建築家 グジョン サムエルソンにより 1939 年に設計された建築物で、1000 名を収容するこの大きな教会の完成には 40 年という歳月を要しました。

ハットルグリムス教会内は、シンプルな内装だが、目を引くのは、ステンレスの巨大なパイプオルガン。有料だが、夏季にはコンサートがあるので、タイミングが合えばぜひ聞いてみたい。

ハットルグリムス教会の前に立つ銅像は、レイフ・エイリクソン。アメリカ大陸を発見したのは、実はこのレイブル・エイリークソンなのだという。

1 2