1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

『家売るオンナ』は女装姿!スタートした冬ドラマの「オフショット」が楽しそう

2019年1月期冬ドラマが続々スタート。それと共に出演者たちのさまざまな「オフショット」が投稿されている。『初めて恋をした日に読む話』、『ゆうべはお楽しみでしたね』、『家売るオンナの逆襲』、『いだてん〜東京オリムピック噺〜』、『3年A組−今から皆さんは、人質です』。

更新日: 2019年03月13日

5 お気に入り 40160 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

aku1215さん

◆『初めて恋をした日に読む話』(火曜夜10時、TBS)

何もかもがうまくいかない残念なしくじり鈍感アラサー女子・春見順子(深田恭子)の前に、タイプの違う3人の男性が現れる。そこから、人生のリベンジともいえる闘いがスタートするラブコメディー。

クールなエリートで順子の従兄弟・八雲雅志に永山絢斗、髪をピンクに染めた不良高校生・由利匡平に横浜流星。

第1話が放送されるやツイッターでは「深キョン」「深田恭子」がトレンド入り。視聴者からは、すぐさま「深キョンかわいい」の声が殺到し、“どのシーンの深キョンがかわいいか?”と大盛り上がりとなった。

・深田と男性陣の“美形すぎる”4ショットを公開

左から深田恭子、永山絢斗、中村倫也、横浜流星

深田恭子、永山絢斗、中村倫也とポスターを真似した写真を公開し、和気あいあいとした雰囲気を覗かせた。

コメント欄では「かわいすぎる」「深キョンの真似しているのが可愛い」「キャストが全員美形すぎてどのシーンを観ても目の保養」といったコメントも数多く寄せられていた。

◆『ゆうべはお楽しみでしたね』(火曜深夜1時28分、TBS)

金田一蓮十郎原作の同名漫画を、本田翼と岡山天音のW主演でドラマ化。オンラインゲームで知り合った男女が、現実世界のシェアハウスで生活する様子を描くラブコメディー。

ギャル系女子だが、ゲームでは男性キャラになるみやこを本田が、オタク男子だがゲームでは女性キャラのたくみを岡山が演じる。

初回からドラクエファン心をくすぐる展開や、本田のキュートな姿に話題沸騰となり、番組タイトルがトレンド入りするなど、注目を浴びた。

・本田翼はフワモコ部屋着姿のオフショットを披露

本田翼さんが、ドラマ『ゆうべはお楽しみでしたね』(通称:ゆうたの)の撮影現場らしき場所で、部屋着姿でゲームを楽しむオフな写真をInstagramで公開しました。

淡いピンクのフワモコなルームウェアに身を包むその姿は、「めちゃめちゃ可愛い」「一緒にごろごろしながらゲームしたい」など、ファンの視線を釘付けにしています。

◆『家売るオンナの逆襲』(水曜夜10時、日本テレビ)

2016年7月期に連続ドラマとして放送され、2017年5月にはSPドラマで放送された北川景子主演の「家売るオンナ」の続編。

同ドラマは天才不動産ウーマンの三軒家万智が顧客の事情に首をつっこみながらも問題を解決、華麗に家を売りまくる痛快ストーリー。

第1話が9日放送され、初回平均視聴率が12.7%だったことがわかった(関東地区)。2016年7月13日に放送された前シリーズ『家売るオンナ』の初回12.4%を上回る好発進となった。

・若手営業マン役の草川拓弥はキュートな“セーラー服”姿を披露

草川拓弥(左)と北川景子(右)

第3話で、テーコー不動産の男性陣が女装姿を披露することが分かった。ザテレビジョンは、草川拓弥演じる鍵村洋一の女装姿をキャッチ。北川にハグされるオフショットも届いた。

1 2