1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

各地で迷惑行為が…お正月恒例の「どんど焼き」が色々と問題に

正月の松飾り・注連縄(しめなわ)・書き初めなどを燃やす「どんど焼き」という行事にて迷惑行為が散見されるようです。

更新日: 2019年01月17日

10 お気に入り 39858 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

信頼のおける情報を元に作成しています。

■どんど焼き

小正月に行われる火祭りの行事。地方によって呼び方が異なる(後述)。日本全国で広く見られる習俗である。

正月の松飾り・注連縄(しめなわ)・書き初めなどを家々から持ち寄り、一箇所に積み上げて燃やすという、日本全国に伝わるお正月の火祭り行事

普通に処分するのはちょっと…と、気が引けてしまうものは、どんど焼きが最適です。

■元々は平安時代の正月行事だった

平安時代の宮中行事で、正月15日の夜に正月飾りや御札などを炊き上げるものでした。

それぞれの家にやってきた年神様を見送り、焚き上げた火で焼いた餅を食べると無病息災になるご利益も!

燃えかすの舞い上がる状態から運勢を占ったりすることもある。地域によっては「どんど」「さぎっちょ」「左義長」とも呼ばれる。

■今年も各地で行われた

小正月の伝統行事「どんど焼き」が府中市と狛江市であり、大勢の地元住民らが燃え上がるやぐらを見守りながら、無病息災を願った

(たくみ)神社の前で、スタッフが積み上げたまきに火を付け、地元住民らが持ち寄ったしめ縄やお守り、花もち、だるまなどを炎の中に次々と投げ込んだ。

高山市上岡本町一の野外博物館「飛騨の里」で行われました。

子どもが赤ん坊の時から参加しているが、参加者が増えてなかなか輪に入れない年もあった。今年は少し落ち着いて、ゆったりと楽しめた。

川崎市中原区上丸子八幡町のどんど焼きに参加した方の声です。

■そんなどんど焼きだが、「家庭ごみを持ち込む」という迷惑行為も…

「どんど焼き」に近年、正月飾り以外の家庭の不要品が持ち込まれるケースが増え、神社関係者を困惑させている

苫小牧市宮前町の錦岡樽前山神社でのどんど焼きです。

「ランドセルやハンドバッグ、ノートや教科書、そういうものを持ち込まれると、神社そのものがごみの集積場になってしまう。非常に困っています」(城山八幡宮 吉田玄 宮司)

この神社に持ち込まれたものの中には、どんど焼きで受け付けられない、人形や写真アルバム、教科書、へその緒などがあり、対応に苦慮した

■モラルが崩壊している…

大量の鏡餅をはじめ年賀状、白装束、線香の燃え残り、カレンダー、財布など家庭の不要品が多数置かれていた。ケース入りのひな人形や木製のこけしまで

新年の風物詩「どんど焼き」。神社に物を持ち込むときは、受け入れてもらえるものなのかしっかりと確認をして、分別をすることが大切

■ちょっと信じられませんね…

はぁ?どんど焼きに蛍光灯とかクリスマスリース持ち込むの?アホなの?家庭ごみを平気でコンビニとかに捨てられる心臓をお持ちの方々なのね。いやだいやだ。

@mi_azusagawa 自治会役員をしています  去年のどんど焼きに家庭ごみを持ち込む輩の多いことに閉口しました 今年は受付を厳重にして持ち込ませないことにしました

どんど焼きに持ち込まれる家庭ごみ等焼納出来ないゴミの割合が3~4割りって・・・。考えられへん。 どんど焼きに家庭ごみ…鏡餅パック目立つ : 北海道発 : YOMIURI ONLINE(読売新聞) yomiuri.co.jp/e-japan/hokkai…

1 2